嫁ができるまで淡々と更新するよ

嫁探しどころかレーシック難民になりましていまだ健康を取り戻せない日々を送ってます。

Info 1

Info 2 レーシック後遺症相談

  • レーシック後の吐き気や神経の付随運動など後遺症は基本的に治りません。術後1000日後の結論です。
  • それでもどうにかしたいなら医療情報弁護団に相談がもうてっとり早いです。

Info 3 手術後経過日数



Web拍手設置しておきました

今の時代だとどうなんだろうかと思いながらもHTMLでせっせと手打ちしていたユーザーとしては「Web拍手」は馴染みあるシステムでして、ここでも採用することにしました。

現在は記事にコメントを投稿できる形ですが将来的にどちらか一方を採用する形にするかも。でもいまのところは並行して利用していく予定です。

Web拍手ってなんぞや?

はてなでいうはてなスターのご先祖様みたいなものです。時系列としては多分こっちのほうが先だと思うけど実際はどうだったか。あまり記憶にないので間違ってるかも。

用途としては「メールを送るほどでもないけど読んでるよ!」とか「その記事いいね!!」という意思表示を読者側から示すために提案されたものだったと思います。それに付随してコメントも送信できる形にされたのがこのWeb拍手というシステムです。まあ、分かりやすく言えばFacebook等のSNSで実装されてるアレですあれ。

あれ、何かマジで本当にその手のシステムのご先祖様な気がしてきた。

使い方

特に難しいこともなくサイドバーのところにあるWeb拍手のしたにある「コメント送信」を押すだけでOK。その時点で自分にWeb拍手ボタン押されたよ!記事やここのブログ読まれてるよ!と伝わるわけです。で、それ以上のアクションとして何かコメントを送りたい読者の方はそこに記入フォームが設置してあるので書き込んで送信していただければいいわけです。

これが一般的な使い方だと思います。

自分以外のところでも昔ながらの大手サイト(この言い方も死後なのだろうか)ならばだいたい設置してあるんじゃないかと。個人情報大丈夫?と心配な方もいらっしゃるかと思われれますが、俺には送信国やIP等は一切分からない形になっておりますのでその辺はご安心下さい。

ただコメントを送信できるというシステム上、悪意を持ってコメントを送る方もいるという配慮から同一の方からのコメントを受け付けなくするというシステムもございます。まあ、普通に使ってればそんな機能を使わないのだけど「っていいながら俺に使われたどうするのさ!?」なんて心配する人は、そんな心配するよりも病院へ行って下さい。

まあよくわからないって人は一度使ってみればいいんじゃないですかね?細かいこたぁいいんだよ!押せばいいんだろ押せば!?と使ってみて下さい。押したところでせいぜい2秒の時間泥棒です。大した手間じゃありません。(そこからコメントを残そうとすると色々とあるでしょうが

ところでなんで設置したの?

相手のことはさっぱり分かりませんがレーシック難民として苦しんでる俺のことに心痛めてくれてるのか某SNS経由で俺に色々と情報をくれる方がいまして。何か俺の書き込みが2chに転載されてるぞ?とか俺の名前使って2ch書き込みしてるのいるけどお前か?とか。目のことならこの病院がいいぞ!とか教えて下さいまして、ああ、もう、すんません色々と配慮して下さってすんませんと思いまして。

それでこの目になってからは毎度流れの早いSNSサービスにアクセスするのも辛いので、何かログとして残せるものがないかなって思ったんです。それなら色んな人からも情報貰えるたり交流できるのをブログに設置しとくのも悪くないな、って。

まあ、そんなところです。

ではお休みなさい。夜更かしは体と目に毒ですからね。ではでは。