嫁ができるまで淡々と更新するよ

嫁探しどころかレーシック難民になりましていまだ健康を取り戻せない日々を送ってます。

Info 1

Info 2 レーシック後遺症相談

  • レーシック後の吐き気や神経の付随運動など後遺症は基本的に治りません。術後1000日後の結論です。
  • それでもどうにかしたいなら医療情報弁護団に相談がもうてっとり早いです。

Info 3 手術後経過日数



休日は健康に平和に過ごせたらそれでいいんです

月曜日がくるー月曜日がきますぞーと今日はジムで運動した以外は近距離作業もないせいか眼の調子もよい染井ですこんばんは。試しにジムでは遠視眼鏡無しで過ごしてみましたが調節筋が固まったり頭痛が起きることもなく過ごせました。こういう眼の状態がずっと長く続くと嬉しいですね。

ウェブ拍手返信

> 20年後、30年後、40年後とレーシック眼で過ごした時間のほうが長くなってくると、健康眼のほうが偽物で、レーシック眼のほうが本当の眼なんじゃないかと思えてくるんじゃないか。

現時点で視力以外の器官に影響がなかったのならばそういう考え方もできるかもしれません。ただ、俺の現実は視力と引換に他の器官へ負担をかけて司令塔の脳まで被害を被ってるわけでして、果たしてそんな状態の眼を本物と呼べるのかどうかといえば否ですかね。

>  読んだよ!他4通

>  頑張って!他2通

>  お疲れ様!

( ゚Д゚) オレガンバルデス

> 過矯正って、「検査の段階で削る量の決定が間違ってた」か、「手術の段階で検査で決定した数値より削りすぎちゃった」か、どっちかが原因ってことなんでしょうか?過矯正での遠視は「10~20年早く老眼きちゃったゼ」な感じとは違うんですかね…。でも中高年の気持ちが分かる優しい人になれると思いますよ! お疲れ様!

真面目に返答すると糞長くなりそうなので手短に…。

削った量についてですが品川近視の医師曰く「正視ジャストを狙うデータで打った」「自分の体はレーザーが効きやすい体質だった」「軽度遠視でもこの数値なら適応出来る人が多い」とのことです。なので品川側としては検査データの通りに削った以上、問題はなかったという返答になるだろうと思います。その検査データが間違ってたんじゃ?という疑問も当然ありますが削ってしまった今ではもう分からないというのが現実です。

それと医院では「眼精疲労による疲れを訴える人はいても吐き気や動悸などの不眠などを訴える人は珍しい」とまるで俺が開院以来初めてのケースのように私は扱われました。ただネットで調べると結構過矯正で苦しんでる人はいますし、個人の病院で受けた知り合いはそういうこともあると事前に説明を受けたと聞いてます。というか名古屋医院だけでも体の不調を訴えてるのは俺だけじゃないだろうとは思ってます。

やはり事前にこういうことは手術という医療行為な以上は事前に説明すべきだと思うんですけどもね。一切そんな説明はしてこなかったのは客が逃げるからしないんでしょうけど、そういう経緯から医療者というよりサラリーマンとして教育されてるのだろうなと術後の対応から感じております。

あと過矯正の苦しみについては難しいので手っ取り早く体験するならレッド・グリーンテストでグリーンが余裕で光輝く程度の度数を試しにずっとつけて生活してもらうってことでしょうか。あとは乱視がない人に乱視を発生させてみたりとか。見える見えないじゃなくて気持ち悪くなるんです。自分の体調が崩れたのはそれと光のコントラストが跳ね上がったのもあるだろうと推測していますが、こればかりは体験してみないと難しいと思われます。

以上ー。どこが手短だ。

残りコメント数は後少し

そんなわけで今日はこれといってイベントもなくなので残りの返信消化でした。これでほぼ9割方解消でございます。返信しなくても良いというコメントの方も含め、送ってくれた方々の励ましのお言葉で一時期の最悪期ではかなり助かりました。この場を借りて御礼申し上げます。

あとついでにですが「そのままくたばれ」とか「人柱ざまぁwwww」とか「悪質な業者ですね通報します」というコメントをくれた方もおりましたけど、そういう類のコメントは今ぐらいのメンタル具合のときに送るなら笑って通過できますが、弱ってるメンタル具合の人に送るときにはかなり堪えるから今後は空気と相手の性質を読める優しい子に育ってくれるとおじさんは嬉しいです。