よめたん

嫁を迎えるまで淡々と過ごすさあ

東京近視クリニック新宿院 青山先生のレーシック手術後の再手術?

はてなブログでは下書きの段階で文字数が表示されるので出来る事なら1000文字以内に留めてみようと急遽目標を立ててみた染井ですこんばんは。駄文量産機なのは前々から自覚しているのでどうにか文字量を減らしてみようとしばらく挑戦してみます。内容が二転三転しなければいけるはず。多分。

で、今日はそこまで気持ち悪いのは出ませんでしたが目の周りの凝りみたいな圧迫感は相変わらず。ほんまにもう…。

って、もう話題変わってるな。無理だなこの挑戦。

東京近視クリニック 青山先生?

プロフィールが「レーシックマニア」とあり誰が記述してるか不明。東京近視クリニック公式では青山先生の画像から飛べますが…?

こちらの症例でも照射位置が瞳孔中心からずれています。自分のと比べるとまだ綺麗に見えますが、なんらかの不調を訴えて来院したようです。文章からは夜間視力の低下が出ているとのことで、対応としてウェーブフロントかトポガイドで治療を行ったとあります。その後の記述がないのでどうなったのか不明。見落としたかな?やっぱり予後は悪い?

他に気になる点として視力が1.5あるということ。ウェーブフロントでもトポガイドでもどちらの術式でも角膜矯正をしたらさらに削ることに違いないので術後はさらに遠視が出るのでは?その辺りは大丈夫だったのかなぁ。それとも同時に遠視矯正しつつ照射されてるのかなぁ?それか不正乱視補正→遠視矯正の2段構え?どちらにせよ心労半端無さそうです。

先日の錦糸眼科のエントリーでもそうですが、こうやって術後に身体に不調を訴えてる人がいるのに、大手の眼科やクリニックでは後遺症例として説明がないのでしょうね。パーセントでみれば角膜拡張症、サハラ砂漠症候群より同様の兆候を訴えてる人の方が遥かに多いのではないかとブログやってると感じるのですが…ビジネス的にわざと伏せてませんかね…