嫁ができるまで淡々と更新するよ

嫁探しどころかレーシック難民になりましていまだ健康を取り戻せない日々を送ってます。

Info 1

Info 2 レーシック後遺症相談

  • レーシック後の吐き気や神経の付随運動など後遺症は基本的に治りません。術後1000日後の結論です。
  • それでもどうにかしたいなら医療情報弁護団に相談がもうてっとり早いです。

Info 3 手術後経過日数



潔く死んでから出直してくれたまえ

当ブログが他のレーシック難民ブログと比べて大きく違う点として手術先を公表していることでしょうか。一部の人間には鉄砲玉だの穏健派だの眼鏡屋の暗部だの好き勝手言われてるそうです。眼筋の過剰収縮に狂った自律神経と体調の不調に耐えるだけで毎日がデッド・オア・アライブなところに手術を執刀した品川近視クリニックから訴えられかけるというクソ面倒な事態になってやがるのにえらい誤解だ。誰が好きでこんなリスク抱えてまでやるか。

Web日記を付け始めて10年近くなりますが、神に誓ってレーシック手術を行うまではこんな恨み辛みのブログじゃなかったというのに…

そういや安心レーシックネットワークが何やら声明を発表しています。品川近視クリニック、神戸神奈川クリニック、錦糸眼科といったWeb広告展開してるところを非難しながらレーシックの安全性を問いて厚生労働省に胡麻擦った宣言ですが、後遺症を負った側の立場と心情からすればメディアが報道をしたからその影響が怖くて必死に対応した姿にしか映りません。そんな即効で対応できるなら今日までにもっと他に公表できたことがあっただろう?俺のような後遺症患者を日本で一番診察しているネットワークだろう?後遺症で這いつくばってでも来院した患者もいただろう?データの公表はいつだってできただろう?公表するのも議論する時間も統計処理する時間もかなりあっただろう?それがメディアでレーシックに対してネガティブ報道が出てからと即座に対応ですか?

それで消費者庁の行ったことは厚労省の治験データの否定だと難癖ですか。んじゃ俺はレーシック術後以降何を苦しんでいるのだろう。俺は安心レーシックネットワーク所属の機関で何を診察してもらったのだろう?俺のデータは存在しないものですか?