読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁ができるまで淡々と更新するよ

嫁探しどころかレーシック難民になりましていまだ健康を取り戻せない日々を送ってます。

Info 1

Info 2 レーシック後遺症相談

  • レーシック後の吐き気や神経の付随運動など後遺症は基本的に治りません。術後1000日後の結論です。
  • それでもどうにかしたいなら医療情報弁護団に相談がもうてっとり早いです。

Info 3 手術後経過日数



夏休みだからってレーシックやICLをやろうなんて考えてる人は医者は何かあっても逃げるだけだから死ぬ覚悟ならどうぞ?とレーシック難民が言ってます

(゚Д゚) 今日も吐き気だ生命力が旨い

お盆でも仕事ノ染井です。いや、別にそれはいっこうに構わないか。どうせ家に居ても暑いし遊びに行こうにも例の如くレーシックの後遺症(5年目)で生命の危機に怯えなきゃいかんので。

仕事柄いろんな方の健康管理に関わるのですが、時折オレの惨状を知っておきながら「レーシックってどうなんですかね?」と聞いてくる知恵遅れが世の中にはおります。後遺症で会社を急遽離職する可能性もあって、年収300万くらいダウンする可能性もあって、というか四六時中痛覚倍増でグッバイアースを自己決定する可能性もある(ソース:オレ)のにそれ聞いてくるの?馬鹿なの?死ぬの?死ねよ?な態度はさすがにもういい年齢のおっさんなのでおくびにも出しませんが、まあそれくらい矯正器具なしの視界への憧れが人間にはやっぱりあるんでしょう。オレもそうでした。後悔する結果しかありませんが。いまだに眼鏡かけ続けてるし。アホの極みですわ。

でだ、屈折矯正手術の結果そういう患者がいることをこの業界は啓蒙してきたかっていうと違う。もうそれがアンサー。一部の一般常識欠如の事例ではなく通常起きうるリスクファクターが出ようものでもケツマクってとんずらして次のカモネギが醤油と味噌みりん背負ってくるのを待ってるだけ。当初から指摘があっただろうに通常よりも高い頻度で眼内炎が発症したレンズの回収したアルコン社とかレーザー光照射設定と実際の照射時間が違うのやらかしたニデック社とかもそう。軽くやらかしたなんて書いてるけど笑い事じゃないからなこれ。手術された側からしたら笑顔で担当者を刺す事案よこれ。

清潔!信頼!安心!安全!を売りにしてても現実現場はこんなもん。リスクマネジメントも患者への情報共有も知ったことか!わしらにとって予定外の結果がでた機械の結果や患者は存在せん!存在せんのじゃ!!の体質が蔓延してりゃそりゃ国内アイケア部門低調するわ。そんな我が国で手術しなきゃならん状況ならともかく自ら踏み込みたいというならすべてを失うリスクを覚悟してからどうぞ。俺は止めないが俺は後悔し続けてる日々だよ。