よめたん

嫁を迎えるまで淡々と

日本眼科学会まで憎くなつてきてる

ラジオでなんとなく聞いたのですが、子宮頸がんワクチンの後遺症のことを耳にした染井ですこんばんは。

なんでも子宮頸がんワクチンを摂取することにより副反応で自己免疫疾患に似た症状を発症する例が少数ながら起きているのだとか。急に関節が痛くなったり、気分の不快、意識の混濁、痙攣など末梢神経の損傷に似た症状が発病し、自己免疫系疾患の例にもれず一度発症すると治すのも難しいとかなんとか。ワクチンレベルでそうなるのも意外でした。正確なデータが欲しいところです。ただ程度の低いのだと本人も気づかないのでおそらく統計データを作るのは難しいか。そもそもどこが調べてるのかしらないけど。

でも、報告を上がるだけましだと感じてしまう。

レーシックの後遺症をとりまとめて公表してくれる期間はありませんかー。眼科学会がこの問題には踏み込めないのー。腰が重すぎて信頼は地に落ちているのー。資金集めだけは欠かさずやってるくせしてさー。

原因は色々とあるのでしょうけど、症例データを集めることもできないというのもおかしな話。何のために資金集めてんだ。認定医制度作ってみかじめ料集めてるだけじゃん眼科学会。少しは動けよ。品川近視だけでなくレーシックという術式に自信があるならデータを項目別に公表したらいいのに。出来るわけないだろうけどさ。くそが。