よめたん

嫁を迎えるまで淡々と

日本眼科総会

屈折矯正をやってる施設は明日以降の眼科学会で盛大にいつもの自信満々な態度で後遺症を訴える患者の症例結果を演題として発表してみやがればいいと思う染井ですこんばんわ。

術後に体調不良を起こした症例はレーシック以外では時折見かけるのだからレーシック手術後にも起こったって不思議じゃない。慶応大学のえらい教授さまや品川近視の論文でアマリスすげーと絶賛してるもはや御用学者さまと言われてもしょうがない立場の方々でもデータはある程度手に入れれる立場なんだからさぁ…

と、言ったことをとある眼科医経由で知りました。四月四日から眼科学会が数日開かれるのだそうです。100回近くある歴史ある学会だそうです。

が、なんでも同時に屈折矯正のセミナー?も予定されてるとかなんとか。気でも違ったか。代表名義がどうなってるのか存じ上げませぬが、削っちまおう!みんなで角膜削り過ぎれば怖くない!と突っ走るための講習会でないことを祈ります。狙ってでも結果としてでもそんなことになってる施設があったら臨床例公開するだけでも抑止力になるんだからWeb閲覧できるくらいオープンにしてくれりゃええのに。このまましゃ眼科学会の威信なんてもう雑草よ雑草。