よめたん

嫁を迎えるまで淡々と

複視

レーシック以前にもあったがレーシック以降は視界のものが二つになる複視という症状が頻繁に起きる。

乱視や近視のダブル見え方ではなくくっきりと物が二つに見える。もしかしたら外れる頻度は変わってないのかもしれないがレーシック前後で大きく変わったと実感できることのひとつ。視力が上がりピントがあうからすぐに分かるのかもしれない。なんにせよ、力を抜くと像が外れるのでずっと左右の像合わせ(ピントではなく)に力を入れている。で、それに連動して顎まで左右に動く。死ねる。

斜視や間歇性斜視の患者にもよく見られると聞く。そもそもレーシックをしてはいけない眼ではなかったのではないだろうか。