よめたん

嫁を迎えるまで淡々と

東京近視クリニックが全て閉院

( ゚Д゚) リュックサックという単語はフランス語!

どうでもいい豆知識を披露しつつこんばんは、染井です。相変らず眼の周りがダンテの地獄門です。以前の更新で東京近視クリニックのうち銀座と横浜が閉院というエントリーをしましたが、その数日後に再度調べてみると新宿も梅田も閉院になってました。

施設もホームページもオールデリートに

綺麗さっぱり全部閉院。

これで東京近視クリニックという医院は分院含め全て9月中になくなることになります。

参考先:Tìm việc Tiếng Nhật tại Việt Nam Và Nhật(おそらく時期に消滅します)

諸般の事情により閉院ということですが、行政機関から指導が入ったのか、銀行が融資引き上げでもしたのか、まあ、大人の都合が渦巻いておられるのでしょうけども、分院の閉鎖から考えるとなかなかのスピード閉鎖です。ボルトもびっくりの速さ。

以前セカンドオピニオンで青山勝先生に見てもらったときは丁寧に診療してくれた印象があり、印象としては悪くなかったのですが、昨今の若者のレーシック離れで客足が遠のいて収入源の減少…そんなところが主だった原因なんじゃないかなぁ。

誰がそんな業界にとって迷惑な情報をネットで垂れ流しているんでしょうね。

お、俺は違うよ?ただ実体験で品川近視クリニックは危険と言ってるだけだよ?ハハッ!!(とても乾いた声で)

東京近視クリニックホームページより

f:id:somei2012:20130828104341j:plain

ちなみになぜ東京近視クリニックの診察情報が品川近視クリニックに引き継がれるのかは上記画像でもあるように東京近視クリニックと品川近視クリニックはどちらも翔友会が運営しているためです。よーは同属企業。ユニクロとジーユー、ヨーカドーとセブンイレブンみたいなものでしょうか。

んで、全ての診療情報は品川近視クリニックに引き継がれるとのことです。まあ資本系列考えたら当然そうなるんだろうけどえぇ…えぇ…

東京近視クリニックの各院の跡地は品川スキンクリニックとかなんとか翔友会系列の何かになるようです。もう品川って文字がつくだけで俺の中では関連するしない関わらずサノバビッチ!!と連呼したくなるのですこぶるどうでもいい情報ですが。

青山勝院長の今後は…?

週刊誌の情報を鵜呑みにするならば東京近視クリニックの青山勝院長と品川近視クリニック代表の綿引氏は過去に品川エディションの件で揉めているとのこと。

参考記事:「品川近視クリニック」の詐欺的商法を週刊新潮が暴露! | レーシック評判、眼科クリニック口コミ情報

はたして青山院長はこのまま品川近視クリニックに里帰りするのか?以前の診察で軽く品川近視クリニックご自慢のアマリスで俺を再手術すんのはごにょごにょ等々以下自主規制だったので品川近視クリニック以外の施設へ移籍するのか?それともどこぞの投資家が青山先生のネームバリューに期待して別の医院立ち上げへの援助でもするのか?

今後の進退に注目したいです。再手術を頼むなら青山医師も考えておりました故。

品川近視クリニック?

…と、ここまで下書きだけをして放置してたエントリーだったのですが、どうも読者から品川近視クリニックに戻るとコメントを頂きました。し、しな!?さ、さのばびっち!?

関連 横浜院、銀座院が閉鎖したときのまとめ

somei2012.hatenablog.com

このときはなぜ他の分院にまとめず品川近視クリニックで患者情報を管理するのか疑問でしたがこの時点ですべて閉院と決まっていたのかもしれません。

追記 その後2016年に岐阜で開業されました

somei2012.hatenablog.com

岐阜かぁ…