よめたん

嫁を迎えるまで淡々と

実態知ってて黙り決め込んでる眼科医は全員死ねばいいのに

少なくとも俺がレーシックで後遺症を訴え始めてから約3年。

俺が被害患者の第一号なんてことはありえないが、レーシック関係者や眼科医会、厚生労働省が最初に被害情報を掴んでからいったい何年の月日が過ぎ去ったのだろう。その間に関係者は一体何をしたのだろう。ただただ安全!安全だから!!と叫んでも無駄なのはもう俺を始め他のレーシック被害者が辛い眼や体にムチ打ってネット上で広めたからもう信じる人はもう皆無だろう。誰が裁判になりそうなリスクをしてまで声を上げ続けるものか。これでもどこかから金貰ってやってるとかほざく輩がいたら死ねばいいよ!!こっちゃレーシック手術「直後」から人生が傾き続けてんだよ!!

こんな状況に国政で反応してくれたのは被害状況を調査をしてくれた消費者庁の担当者様とみんなの党の三谷先生ぐらいだ。後日、消費者庁の調査報告に慶応の坪田教授を始めそっち系の関係者がわらわらとケチつけて担当者に謝罪させたそうだが、普段から厚労省とべったりなくせに調査すらまともに公表してなかったところが消費者庁が動いたら即反応ってふざけてんのか。そんな即座に反応できるなら調査することもすぐできるだろうが!?やるとなりゃ喜んで情報提供の協力してやるわ。

消費者庁の調査内容が間違ってるというなら厚労省主導でも眼科医会主導でもいいから改めて調査して公表すりゃいいだけじゃねえか?やれない理由なんてないだろうが。というよりも実態調査する機会なんて腐るほどあっただろうが。自分のところや関連施設に助けを求めてきた患者はいないとでもいうつもりか。無駄に糞高い金払って助けをもとめてきた患者も遠方からきた患者たちもレーシックの後遺症ではなかったということか?んなわけねえだろうが。知ってて黙ってて黙り続けて何も手を打ってこなかったのはあんた達だ。後遺症患者がいることを知ってながら何もしてこなかったのはあんた達だ。