よめたん

嫁を迎えるまで淡々と

体調は悪いのだけど調子が良い

自分でも何を言ってるのかよくわからないけどもメモです。

体調は風邪のせいか花粉なのか鼻水ずーずー。熱は無し。声は正常。

で、変化があるのは吐き気が少々程度で生活に支障ないレベルまでダウン。眼の締め付けが少し締め付けられてる程度にダウン。変わらないのが眼を閉じてもそこから過剰に寄り目にしようとする動き。顔側面→顎→胸鎖乳突筋の過剰収縮。

これがデフォになれば運動も可能な気がする。フレネル膜レンズを試して合計20プリズム生活が1ヶ月経過して眼筋の過剰収縮が少し緩んだ?冷え込んできて神経の暴走が沈静化?わからないけどもこの状態を最低でも維持したいがまあダメでしょう。奇跡なんてない。というのがレーシック語の3年間で得たくもない体験からの実感。時折、作用機序は不明ながら脳の痛みや吐き気を出す機能が落ちるのだと思う。1年位前にも似たようなことがあったから。

とはいえ続くならそれに越したことはなし。でも何かしたっけ…とこの二、三日で目新しいアクションとしては

  1. インフルエンザのワクチンを打った。地味に腫れて痛い。
  2. 鼻水多めだったので亜鉛を2粒飲んだ
  3. 腕のストレッチを多めにしてみた。
  4. 普段は1曲程度のデスメタルを1時間ほど聞いた

ダメだな。わからん。続けてよさそうなのはストレッチくらいですか。後は続けたら他がやられそう。