よめたん

嫁を迎えるまで淡々と

眼が軋む

まあ書くこともないからってコメント返信というのもなんだろうなと思いながらもコメ返信。割りとランダム抽出です。

> 染井さん!朗報です!
iPSから角膜細胞、阪大など作製成功 臨床研究へ前進
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160309-00000046-asahi-sci

(゚Д゚) ひゃっはーあと何年だー

> 同じレーシック難民としてお気持ち 痛いほど分かります 私はメンタルを正常に保つこち仕事することで精一杯です 染井さんのブログは私の励ましとなっています 染井さんも十分お辛いと思いますが どのようにメンタルを保っていらっしゃいますか。

体と脳が出す神経反射に逆らおうとするのもどうにもならないですから、ダメなもんはダメと表に出すのはどうでしょうか。自分の場合だと会社でも出先でもブログにあるように痛いものは痛い。体に力が入らないものは入らない。吐きそうなものは吐きそう。ああ気持ち悪さで死にそう・・・って体の信号になすがまま潰れております。我慢しても一向に良くなりゃしないので。余り参考にならず申し訳ありません。

> 本当に本当に本当に死にそうだったら、角膜移植という方法がありますが、『移植』ですのであらゆる副作用があり常に医療機関にかかり続ける必要があります。勿論見え方も元に戻る訳ではありません。ただ、実際に自殺された方(レーシック後遺症で)は角膜移植には行き当たらなかったのかと考えると、なんだか茫漠とした気持になります。

まず移植が回ってくるのか問題。あとレーシック推進の広告塔の立場である慶応の坪田のおっさんがエクタジアのような客観的にも異常が分かる患者ではなくレーシック後に痛みや神経痛を訴えてるが医療的な異状データが出てこない患者に角膜移植手術の実施許可を出すのかという疑問。

> はじめまして(^^)壮絶なblog読ませて頂きました。
こうしたblogにひとことを投下するのは初めてですが、どーしてもなんとかしてすこしでも楽になってほしくて、、、とは言え、どんな言葉をかけても安っぽいな~と、逡巡しながら書いております(^_^;)とてもツラい日々だとは思いますがホントに染井さんのこと思って心配してここを覗いてる人たちも沢山いるので!元気出してください!!!!私も今日からblog読ませてもらいますね!ツラい日々だとは思うけどひとりじゃないですよ~!ツラくなったらそのことを思い出してください!

まあ5年近く過ぎると大抵の叱咤激励は上下の幅広く受け取った感はあります。健康体の方でしたらその恩恵を存分に活かして人生を謳歌して下さい。

メモ

iTunesを整理していたら困ったことになったのでその解消。

  1. 古いCD-Rからmp3を取り込んだらアルバムアートワークが手動登録もできない
  2. どういうわけかアルバムタイトルも変更できない
  3. 読み取り専用になってるだけだった\(^o^)/
  4. 解除したら問題なく変更可能。当たり前だ馬鹿野郎。

ああ頭も回ってない。