よめたん

嫁を迎えるまで淡々と

2018年に発表された銀行、信金など金融機関の不祥事件についてまとめました

不祥事

みんな聞いてくれ。ビスケットが客の口座を解約した。

( ゚д゚) 団長!?何言ってんだよ団長!?

そんな銀行の事件が飛び交う2018年。なかでもいま最も注目されるのは、やはりスルガ銀行へ金融庁の業務停止命令がいつ出るかでしょうか。

なんだよ…意外と融資通るじゃねえか…って超絶スピードザル審査のスルガスキームを武器に、かつては火星まで辿り着きそうな勢いがあったスルガ銀行。さらに金融庁がスルガ銀行を散々持ち上げていただけに、Xデーの当日はどちらにしても大荒れするだろうと思われます。

業務止めんじゃねえぞ…俺はまだ止まらねえからよ…キーボーオーノハナー(BGM

あ、はい、お前の挨拶はいつも長い!とリアル友人に先日怒られたばかりなのでさっさと本題に入ります。

以下、2018年前半で発覚した銀行等、金融機関の不祥事です。

事件の概要だけ知りたい人がわかるように、下記の目次一覧に金額等も簡単ですが書き加えておきました。ご参照下さい。

不正は止まらねえからよ…

まだ2018年は5ヶ月近くあるので、事件が増えたらまた追記するかもしれません。(嫌すぎる

自分の資料のために事件の詳細も大体のPDFへのリンクも貼っときました。が、地味に心を殺すだけの作業だったので誰か褒めて。染井さん素敵って言って。ついでにレーシック滅びろってSNSに拡散してやって。

関連:品川近視クリニックでレーシックをして後悔することになった7つの理由 - よめたん
関連:レーシック手術後の後遺症経過まとめ - よめたん

いや、まとめただけでは…?って人はその通りなので、目的のものが確認できたら鉄血のオルフェンズでも見てて下さい。

自分もネタにしちゃってるけど、あのシーンは単体で見たら悪くないし流れた曲のフリージアも最高と思うんだ。おかしいのはそこに繋ぐまでのシナ…パンパンパンパン

2018年1月16日

筑波銀行 「着服、元行員、232万円」

1.事件の概要
(1)事故者 一般行員(男性、32歳)

(2)事故発生店舗 大宮支店

(3)発覚の経緯 お客さまから申出を受けて行内で調査した結果、平成29年11月2日に判明しました。

(4)事件の内容 事故者は、平成28年12月から平成29年4月までの間にお客さま(個人、1名)から現金2,326,000円を着服していたことが発覚いたしました。

着服金につきましては、自身の借入金の弁済等に充当しておりました。

http://www.tsukubabank.co.jp/cms/article/bd9194b6ebdcc1cd452432b30095697b18036f8e/

2018年1月25日

にいかわ信用金庫「着服、元職員、4600万」

H29年に発覚した分の経過。時系列順。合計約4600万

1.不祥事件の概要
(1) 事故者 本部元男性職員(52才、平成29年11月22日付懲戒解雇)
(2) 発生店 新庄支店、生地支店、本店営業部、魚津駅前支店
(3) 発生期間 平成17年6月から平成29年8月
(4) 事故金額 流用額 約27百万円、着服額 約21百万円

http://www.shinkin.co.jp/niikawa/info/pdf/20171122.pdf

1.新たに確認された不祥事件の概要
(1) 事故者 本部元男性職員(平成29年11月22日付公表の事故者と同一人)
(2) 発生店 本店営業部、富山支店
(3) 発生期間 平成27年4月から平成29年8月
(4) 事故金額 着服額 約11百万円(顧客3名)
(5) 事件の概要

http://www.shinkin.co.jp/niikawa/info/pdf/20171201.pdf

1.今回公表する不祥事件等の概要
(1) 新たに被害が確認された事案
① 事故者 本部元男性職員(平成29年11月22日付公表の事故者と同一人)
② 発生店 本店営業部、新庄支店
③ 発生期間 平成17年1月から平成28年6月
④ 事故金額 着服額 約13百万円(顧客4名)

http://www.shinkin.co.jp/niikawa/info/pdf/20180125.pdf

2018年1月30日

熊本銀行 「着服、元行員、1977万円」

 当行元行員(男性、32歳、課長代理)が、平成24年3月から平成29年11月にかけて、浄行寺支店・武蔵ヶ丘支店・花畑支店在籍時のお客様に対し、定期預金を作成すると偽るなどして、計1,977万円を騙し取っていたことが判明いたしました。
 また、その着服金を原資に別のお客様への貸付けなども行っておりました。
 平成29年12月上旬に、お客様からのお問い合わせにより不正の疑いが生じ、行内調査を行ったところ判明したものです。
 着服金につきましては、当該元行員から全額弁済を受けております。

https://www.kumamotobank.co.jp/announcement/newsrelease/y2018/page_050318.html

2018年2月7日

三井住友銀行「逮捕、着服、元行員、5億円」

2016年の事件から進展
www.smbc.co.jp

本件につきましては、2016 年 6 月の事態発覚後、直ちに警察に通報し、捜査に全面的
に協力してまいりました。また、同時に、行内調査も実施し、事態解明・原因究明・再発
防止策策定などを行い、不正行為の対象となったお客さまには、全件、全額、預金の復元
を行っております。なお、当該従業員につきましては、2016 年 6 月に懲戒解雇し、
その後、刑事告訴しております。

http://www.smbc.co.jp/news/pdf/j20180207_01.pdf

三井住友銀行のオンライン端末を不正に操作し、計1840万円をだまし取るなどしたとして、千葉県警捜査2課は7日、電子計算機使用詐欺と窃盗の疑いで、同行松戸出張所(同県松戸市)の元主任、橘高ゆかり容疑者(35)=松戸市=を逮捕した。被害総額は約4億8000万円に上るとみられ、橘高容疑者は「外国為替証拠金取引(FX)などに使った」と容疑を認めているという。

https://www.sankei.com/affairs/news/180207/afr1802070038-n1.html

2018年2月8日

青い森信用金庫「逮捕、元職員、着服、4620 万円」

(1) 事故者 当金庫元職員 市野昭弘(男性 45 歳)
(2) 発生店舗 大湊支店、大畑出張所(事件発生当時大畑支店)
(3) 事件内容 ①事故者は、お客様名義の普通預金口座から、お客様に無断で資金を引き出し着服した疑いが判明しました。
②事故者は、お客様に定期預金の契約を持ちかけ、お客様に資金を引き出させ、実際には定期預金の契約をせず着服した疑いが判明しました。
③事故者は、お客様から融資返済予定金を預かり、実際には返済手続きをせず着服した疑いが判明しました。
(4) 発生日 平成 27 年 5 月 28 日(木)~平成 28 年 10 月 26 日(水)
(5) 累計事故金額 4,620 万円 (被害額 1,600 万円については、当金庫が全額弁済いたしました。)
(6) 発覚日 平成 29 年 8 月 31 日(木)

https://www.aoimorishinkin.co.jp/pdf/info_180205_001.pdf

2018年3月16日

東京都民銀行「着服、元行員、1800万円」

事故者は、平成 28 年 2 月から平成 29 年 3 月までの間、西大久保支店と取引が
あるお客さま 1 名から、相続時の費用や準備金等として現金を預かるなどと偽
り、現金を交付させるなどして、これを着服していました。また、事故者は、
平成 29 年 8 月から平成 29 年 12 月までの間、日本橋支店と取引があるお客さま
1 名から、投資信託の購入資金を預かるなどと偽って、普通預金の払戻請求書を
預かり、現金を別口座に振替えて着服していました。
事故者はこれらの方法で得た現金を、外為 FX 取引で発生した損失の穴埋めに流
用していました。
これまでに判明している被害額は 18,324,000 円、被害に遭われたお客さまは 2
名となります。
なお、2 名以外の被害は確認されておりません。

http://contents.xj-storage.jp/xcontents/83390/6ae7c411/e86a/4ad9/ae97/5d3ecbb12d8b/20180316103806794s.pdf

2018年3月23日

宮崎太陽銀行「着服 元パート、285万円」

元パートとありますが、退職後のOB。

事故者 64 歳、男性、当行 OB パート者
発生場所 総務部 業務サポート室 出納センター
発生期間 平成 29 年 11 月 30 日から平成 30 年 2 月 9 日
発覚日 平成 30 年 2 月 9 日に、営業店が取引先に両替硬貨を配送したところ、500 円硬貨袋の中に、5 円硬貨が入っているとの連絡があり内部調査を
実施したところ、事故者が現金を抜き取っていたことを認めたため、現金着服が発覚いたしました。
事件の内容 事故者は紙幣整理、硬貨包装、大袋硬貨の搬入整理担当の立場を利用して、金庫室内の役席者や同僚の隙を見て現金を搾取後、発覚を免れるた
めに金種操作を行い、現金残高を一致させるよう隠蔽工作をしていたものです。
被害金額 累計被害金額は 2,850 千円(紙幣の搾取 3 回、硬貨の搾取 3 回)
被害金額は 985 千円です。
その他 被害金額は事故者の親族により、発覚日の翌営業日にあたる 2 月 13 日に全額返済されています。

https://www.taiyobank.co.jp/showimage/pdf?fileNo=64

2018年3月24日

島根益田信用組合「着服、元職員、4700万円」

公式IRがいくら探しても見つからない。1万円の間に千円挟む手口で13年発覚しなかった事件。

島根益田信用組合の女性職員が約13年間にわたり、金庫室保管の現金計約4740万円を着服し、懲戒解雇処分になっていたことが24日、分かった。同組合は事案を報告する2日付の文書をホームページに公開していた。

https://www.sankei.com/west/news/180324/wst1803240079-n1.html

2018年3月28日

筑波銀行「着服、元行員、累計470万円」

1月の発表とは別人。

(3)事件の内容

元行員は、平成29年11月30日付で自己都合により既に退職しておりますが、大みか支店に勤務していた平成29年2月から平成29年8月までの間にお客さま(個人、2名)から集金した毎月の積立金について、自身の借入金弁済等に流用することを繰り返し、90万円(流用合計11回、累計470万円)を着服しておりました。

http://www.tsukubabank.co.jp/cms/article/d022d53d2fa07c854795879ce799473fcd1fb093/

2018年4月20日

静岡中央銀行 「現金詐取、元行員、125万円」

当行営業店に勤務していた元行員(46 歳、男性)が、平成 27 年 10 月 8 日から平成 29 年 10
月 26 日の間(約2年間)、3先のお客様に対して、融資借入時や融資条件変更時などに、既存
借入の内入返済や手数料が必要(本来不要)などと騙し、現金(総額 1,247,870 円)を要求し
詐取していたことが発覚いたしました。
平成 30 年3月 16 日に本件に関する問い合わせを受け、行内調査を実施したところ、当該事
件が発覚したもので、詐取した現金は、自身の借入金の弁済等に充当しておりました。

https://www.shizuokachuo-bank.co.jp/pdf/20180420.pdf?20180420

2018年4月20日

鹿児島相互銀行「着服、解雇を含め計144人を懲戒処分。5億4000万円」

2017年の5000万円着服事件からの第三者委員会での調査結果。解雇を含め計144人を懲戒処分。2001年3月から今年1月までの調査。長すぎるので割愛。

https://www.kasosin.com/news/news20171215-1.pdf

第三者委員会の調査がよくまとまっている。ただ数が数で長い。

https://www.kasosin.com/news/news20180420-1.pdf

2018年4月27日

北見信用金庫「不正融資等、元行員」

<事件1>
(1)事故者
・当金庫の元職員(渉外担当、男性、41歳)
(2)内容
・事案1: 
事故者が釧路支店に在勤中、架空の見積書を使用し、信販会社との間でローン契約を締結し、不正に融資金300万円を受領しました。 事故者は不正に受領した融資金を、自宅建設時の未払金支払いや自己費消用の資金としていました。
・事案2: 
事故者が釧路支店に在勤中、事件2の事故者から、既存債務をまとめる方法について相談を受け、不正に借入する方法を教唆したものです。 事件2の事故者は、教唆を受けた方法で他金融機関から借入し、融資金を不正に受領いたしました。
・事案3: 
事故者が帯広支店在勤中、お取引先から個人的な借入金として120万円を受領していました。事故者は受領した金員をクレジットの支払や生計費としていました。 尚、借入金は本事案の発覚前に返済されております。

http://www.shinkin.co.jp/kitami/info/fushojiken20180427.html

2018年5月2日

にいかわ信用金庫「着服、元職員、 351 万円」

係争中の事件とは別。関連先:http://webun.jp/item/7440912

(1) 新たに被害が確認された事案
① 事故者 本部男性職員(55歳)(前回と別人)
② 発生店 本店営業部、魚津駅前支店
③ 発生期間 平成19年5月から平成29年9月
④ 事故金額 1,387万円(うち着服額 351万円)
⑤ 事件の概要
事故者は、遊興費や生活費等に費消する目的で、お客様から預かった定期預金作成依頼の現金や定期預金解約金等を着服しておりました。
なお、当該お客様へは定期積金証書を作成した上で定期預金証書と偽って交付し誤認させておりました。
また、お客様から集金した定期積金の毎月の掛込金を集金当日の入金とせずに後日入金することでその間掛込金を自己のために費消しておりました。

http://www.shinkin.co.jp/niikawa/info/pdf/20180502.pdf

続報 5月25日「着服、574万円(総額925万円)」

1.5 月 2 日に公表した事故者による不祥事件に関し、その後新たに判明した事実
① 新たに判明した事故金額 2,084 万円(うち、着服額 574 万円)
前回報告の事故金額 1,387 万円(うち、着服額 351 万円)
累計事故金額 3,471 万円(うち、着服額 925 万円)
http://www.shinkin.co.jp/niikawa/info/pdf/20180525.pdf

2018年5月16日

スルガ銀行 「シェアハウス関連融資問題」に関する経過のご報告

スマートデイズのかぼちゃの馬車事件が発端。5月一応リリースを出していたということで。うちで解説するまでもないない割愛。

https://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/topics/180515_01.html
https://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/topics/pdf/180515_2.pdf

2018年5月17日

みちのく銀行「不正融資2億5000万円、17件不正、7人懲戒処分」

金額は地域新聞より。

this.kiji.is

1.事件概要
(1)発生店 青森県内支店 計8か店
(2)件 数 17件
(3)内 容 設備資金に係る融資は融資実行後の融資金管理を必要としておりますが、行内の事務処理を終了させることを目的に、外部の保証機関さま
に対する提出書類や当行内部管理帳票等の記載内容のつじつま合わせを行い、また、関連資料である領収書を偽造するなどしていた事案です。
(4)被害金額 本事案に関して、お借入人さまの金銭的被害はございません。
(5)発生期間 平成24年11月30日(金)~平成29年10月31日(火)
(6)発覚日 平成29年12月11日(月)
(7)発覚の経緯 当行の内部監査で職員の融資業務に関する事務処理の放置が発覚しました。その調査過程において、設備資金融資案件の稟議書に添付されていた領収書と異なる領収書を外部保証機関さまに送付していたことが判明したことから、調査の対象範囲を拡げて全営業店の設備資金融資を調査した結果、計17件の不適切な事案が発覚いたしました。

http://www.michinokubank.co.jp/news_2168.pdf

2018年5月25日

京都中央信用金庫「着服、 元職員、約9300万円」

※ 全文確認はファイルにダイレクトで繋がりDLが始まります

事故者 当金庫元職員(営業係、男性、58 歳)
発生店 加茂町支店 和束出張所
発生期間 平成 26 年 10 月から平成 30 年 3 月
事故金額 金庫内調査の結果、被害者は 11 名、事故金額は 93,734 千円。

http://www.chushin.co.jp/file/news/3603

2018年5月31日

越前信用金庫「着服、元職員、約4600万円」

発生店舗
美山支店 平成 24 年 12 月~平成 29 年 1 月
二の宮支店 平成 29 年 1 月~平成 30 年 4 月

事故金額等
55,760,566 円(129 件)(うち着服額 46,257,072 円)
(被害額は、事故者および親族より全額弁済されています。)

内 容
事故者は、窓口の端末でお客様の普通預金口座、定期預金口座から出金、解約取引を行い、遊興費等に資金を着服した。事故者は、事実の発覚を逃れるため、出金、解約取引のオンラインデータが印字された当該伝票を破棄していた。

http://www.shinkin.co.jp/echishin/top/pdf/oshirase/20180531.pdf

2018年6月 1日

関西アーバン銀行「着服、元行員、約1億7000万円」

生野支店で19 先/49 件/162,087,380 円。
寝屋川支店で、4 先/24 件/7,818,795 円。

合計1億7000万着服。

1.事件の概要
(1)弊行生野支店及び寝屋川支店で営業を担当していた元職員(事故者)が、お客さまに定期預金を勧誘するなどしてお預かりした払戻請求書等を悪用し、不正に現金を出金し着服するという行為を繰り返していたものです。
(2)平成 30 年 4 月、定期預金の預入を依頼したお客さまからの、証書や計算書の受け渡しがない旨のお問い合わせにより事態が発覚し、その後、内部調査の結果、下記事実が判明いたしました。

https://www.kansaiurban.co.jp/newsrelease/p08cpj0000018whb-att/20180601.pdf

2018年6月8日

七十七銀行 「着服、元行員、金庫等から600万円」

1.事件の概要
仙台市内の営業店に勤務していた元行員(男性)が、2018 年 3 月から 5 月にかけて、店内の金庫等から複数回にわたって現金を抜き取り、計 600 万円を着服していたことが判明いたしました。本件につきましては、店内の現金精査において判明したものです。なお、本件は行内に保管されている現金の着服であり、お客さまとのお取引に影響を及ぼしたものではございません。
着服金につきましては、全額被害弁済を受けております。

https://www.77bank.co.jp/pdf/newsrelease/18060801_hfhs.pdf

2018年6月8日

豊和銀行「着服、元行員、2,000万円超」

平成16年度の着服に関しては10年前なので時効に…

事件の概要
1.発覚の端緒となった事案
事故者は、お客さまのご要望に応じるため、当行の定めに反して、お客さまの総合口座通帳及び定期預金通帳を個人的に預かっておりましたが、平成 16 年 5 月よりお客さまの口座から勝手に出金し着服しておりました。着服した現金は、当時、事故者の借入金の返済等に充当しておりました。
〔着服の手口〕
お客さまが窓口に来店された際に、窓口でお預かりした印章を無断で預金払戻請求書に押印、署名や金額等を事故者が記載するなどの手口で、合計で 12,205 千円を着服しておりました。
2.判明したその他の事案
発覚の端緒となった上記事案を調査した際に、別の 2 名の個人のお客さまの口座からも平成 15 年 12 月から平成 20 年 5 月にかけて累計で 8,578 千円を着服していた事実が認められました。さらに、平成 18 年 12 月頃より平成 19 年 3 月の間に別の 1 名の個人のお客さまに対して浮貸しに該当する不適切な金銭 600 千円の貸付事案が認められました。
被害金額等
①流用費消事案の累計被害金額は 20,784 千円(3 名の個人のお客さま)。
発覚時点の返済未了の被害金額は 12,209 千円(2 名の個人のお客さま)。
②浮貸し事案の累計事故金額は 600 千円(1 名の個人のお客さま)。
発覚時点の貸付金は無し。

http://www.howabank.co.jp/hp_file/Newinfo/1311_79308599226fa90cb88ea81542f4c1d3/b0a224039fcc1f1f41ca5d623ea3f83a.pdf

2018年6月15日

浜松信用金庫「元職員、2件分、事故金額約2,400万円」

事故者 元職員(男性、29歳、営業店勤務、渉外係)
事故金額 335,000円

事故者 元職員(男性、40歳、営業店勤務、支店長代理)
事故金額 1,960,000円

http://www.hamamatsu-shinkin.jp/topics/pdf/20180615_HP.pdf

2 0 1 8 年 6 月 2 7 日

七十七銀行「着服、元行員、697万円」

1.事件の概要
(1)事故者
事故発覚当時、白石支店に勤務していた元行員(男性、26 歳)
(2)発覚の経緯
お客さまからの問い合わせを受け、行内で調査を実施したところ発覚いたしました。
(3)事件の内容
今回逮捕となりました事件につきましては、2018 年 6 月 15 日、訪問先のお客さまからお預かりした払戻伝票を不正に使用し、現金 90 万円を出金のうえ着服したものです。事故者はこれ以外にも、2017 年 2 月から 2018 年 4 月までに、8 先のお客さまから、同様に総額 697 万 4,200 円の着服を行っており、弊行は現在、警察の捜査に協力しております。

https://www.77bank.co.jp/pdf/newsrelease/18062701_fsht.pdf

2018年7月6日

愛媛信用金庫「着服、元職員、累計39万円」

1.概要
当金庫今治支店の元職員(平成30年7月5日退職)が、集金時に現金の一部を着服していたという事案が、本年6月26日に判明いたしました。
本件は、渉外係であった元職員が平成29年12月から平成30年6月の間に、訪問集金を行ったお客様のうちの2先からお預かりした現金の全額を口座に入金せず、その一部、累計390,000円を着服したものです。

http://www.shinkin.co.jp/ehime/notice/h30/pdf/004.pdf

2018 年 7 月 9 日

きらぼし銀行「着服・失踪、行員、約3億7,500万円」

事件の内容
(現時点で判明している事実)
事故者は、上石神井支店とお取引がある法人のお客さま 1 社、当該法人に関係する個人のお客さま 2 名、また、石神井支店とお取引がある法人のお客さま 1社および個人のお客さま 2 名から、定期預金作成等の目的で受領した普通預金の払戻請求書等により現金を払い出し、当該のお客さまには、偽造された定期預金証書を交付して、現金を着服した可能性がございます。
現在も事実関係の調査を継続しておりますが、これまでに判明している偽造された定期預金証書の金額は約 375 百万円となります。

https://www.kiraboshibank.co.jp/file.jsp?id=5678

続報 2018年8月10日「着服金、5億7000万円に拡大。被害顧客は15人」

https://www.kiraboshibank.co.jp/file.jsp?id=5748

続報 2018年8月31日「着服金、6億8000万円に拡大。被害顧客は16人」

https://www.kiraboshibank.co.jp/file.jsp?id=5767

2018 年7月13日

東日本銀行「不適切融資、金融庁が業務改善命令」

本日、東日本銀行は、金融庁検査結果を受け、内部管理態勢及び経営管理態勢に問題があったとして、銀行法第 26 条第 1 項に基づき、関東財務局から業務改善命令を受けました。

http://www.higashi-nipponbank.co.jp/cgi-public/cgi/upload/file/196/1531561045zXu.pdf

2018 年 7 月 14 日

北都銀行「着服、元行員、逮捕、150万円」

詳細が掲載されていないので地域新聞より

北都銀行員を逮捕 秋田県警、150万円着服容疑
 秋田県警五城目署などは13日、業務上横領の疑いで、秋田市泉中央5丁目、北都銀行行員佐々木光容疑者(25)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年12月18日、当時勤務していた五城目町の五城目支店で、顧客の定期預金の払い戻しのために保管していた現金150万円を着服した疑い。同署によると、顧客から相談があり発覚した。
 同署は認否を明らかにしていない。同行によると、佐々木容疑者は行内調査に「やっていない」などと否定している。同支店でほかに使途不明金はないという。

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201807/20180714_43026.html

2018 年7 月18 日

きらぼし銀行「行員が死体遺棄の容疑で千葉県警に逮捕」

2018 年 7 月 18 日(水)、弊行行員が死体遺棄の容疑で千葉県警に逮捕されるという事態が発生いたしました。
このような事態となり、お取引いただいているお客さま、株主の皆さまならびに地域の方々に多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。
弊行行員が逮捕されたことは大変遺憾であり、今後、警察の捜査に全面的に協力してまいりますとともに、事実関係が明らかになり次第、厳正に対処する所存です。

https://www.kiraboshibank.co.jp/file.jsp?id=5690

2018年7月27日

碧海信用金庫「着服、433 万円(実損額 173 万円)」

1.事件の概要
弊金庫元職員(男性、渉外係、28 歳)が、平成 29 年 10 月から平成 30 年 6 月(本店
営業部、岡崎北支店勤務時)にかけて、自らの遊興に費消するためにお客さまからお
預かりした現金や預金を横領していました。
平成 30 年 6 月 6 日、お客さまからの問合せがあり、調査を実施しましたところ、累
計 433 万円(実損額 173 万円)を横領していたことが判明いたしました。

http://www.hekishin.jp/release/files/bb20973c83dbbaffe5246b2f5c11dd16.pdf

2018年8月10日

愛知県中央信用組合「着服、元職員、46万円)」

事 故 者 当組合元職員(30 代・男性・支店長代理)
発 覚 日 平成 30 年 3 月 28 日(水)
発生期 間 平成 27 年 10 月~平成 30 年 3 月
発生店 舗 三谷支店
事故金 額
2,094,000 円(うち着服金額 462,000 円)
なお、被害額は事故者および親族より全額弁済されています。
事件の概要
事故者は、取引先顧客から依頼を受けた現金取引(地代振込、普通預金入金)の受領証を発行せず、自身の生活費支払いのため横領並びに流用した。

http://www.aichi-kenshin.co.jp/pdf/husyoujiken_2018.8.10.pdf

2018年8月10日

淡陽信用組合「着服、元行員、事故金額4,844,162円、累計額6,707,819円」

1.不祥事件の概要
発生店 一宮支店
発覚日 平成30年6月8日
事故者 45歳男性 渉外係
発生期間 平成28年7月28日から平成30年6月8日
主な手口 ローン返済資金(受領証未交付)、定期積金集金分および顧客預金の着服(事故金額4,844,162円、累計額6,707,819円)

http://www.danyo.co.jp/img/pdf/oshirase_20180810.pdf

2018年8月14日

スルガ銀行「不正解約・不正融資 、約1億6,500万円」

事故者
 一般社員(40歳、男性)

事故発生店
 本店営業部

事件の内容
 お客さまの定期預金の不正解約等により、不正な資金流用が行なわれていました。
社内調査の結果、被害者は3名、被害額は合計約1億6,500万円となります。

https://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/topics/180814.html

2018年8月16日

京都銀行「着服、元行員、約5600万円」

1.事件の概要
弊行西山科支店に勤務していた元行員(事故者:一般行員、30代、男性)が、平成18年6月~平成30年5月までの間、千代川支店、東舞鶴支店、東向日町支店、小倉支店在勤時において、遊興費に費消する目的で、11名のお客さまの預金から不正に現金を出金し着服するという行為を繰り返しておりました。(累計金額56,342,486円)。

https://www.kyotobank.co.jp/news/data/20180816_1744.pdf

2018年8月16日

第三銀行「着服、パート職員、19万円」

1. 事件の概要
当行元パート職員(女性、40代、窓口担当)が2018年2月と3月の2回、お客様から窓口で税金等の納付手続き完了後、支店でその後の処理を行わず、収納した現金を着服・流用していたことが、発覚いたしました。
着服・流用は合計で198,200円であり、既に本人から全額弁済されております。

https://www.daisanbank.co.jp/archives/001/201808/%E4%B8%8D%E7%A5%A5%E4%BA%8B%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9.pdf

所感

ここまで読む人なんているんですかね…?

よそは知らないけどH2、H3の見出しを置いとくだけで目次を自動生成してくれるcontensって便利な機能は最高ですねえ。今回のような見出しが多い記事の場合は本当助かります。はてなの中の人、仕組みはわからんないけど使い勝手の良い仕組みをいつもありがとうー。あとは公式で目次の開閉のオンオフを付けてくれると嬉しいですー。

終わりに

ざっくりですが、これでもいくつかはしょりました。JAとかJAとか。時間のあるときに追記でもします。

もともとは個人用にこっそりまとめていたのですが、誰かの役に立つかもなーと公開しておきます。ただ粗はあるかと思われますので、そこんとこはご容赦下さい。

んじゃーね。