よめたん

嫁を迎えるまで淡々と

Switchソフト2本9,980円!ニンテンドーカタログチケットがお得!

f:id:somei2012:20190516214914j:plain

( ゚д゚) 頭超きめぇ!

本日のニンテンドーダイレクト『スーパーマリオメーカー2』の放送で任天堂が結構な爆弾セールをぶっこんできておりました。ところで任天堂はキノピオを何だと思ってるんですかね?

結論から先に書いておくと…

やったー!ぽにょ、ニンテンドー、好きー!!って内容(誰だお前

先に簡単に羅列紹介

  • Nintendo Switch Online加入者限定のサービス
  • 商品名は「ニンテンドーカタログチケット」
  • 内容は任天堂が販売しているタイトルをDLできるチケット2枚
  • 任天堂販売ならば今後発売予定の新作も対象
  • 価格は9,980円(税込)
  • 購入時にマイニンテンドーゴールドポイントも獲得(499P)
  • 期限は購入より1年間

( ゚д゚) え?これやって良いの?…

初見の感想はマジでこんな感じ。

例えばですが

『スマブラSP』(税込み7,776円)と今度発売される『スーパーマリオメーカー2』(6,458円)をチケットを使って購入する場合、2つとも定価購入したら計1万4,234円。

これが9,980円で購入できる。

トータル4,254円もお得になります。どういうことだってばよ…

あとはチケットの詳細やこれで考えられる市場展開、お得そうな組み合わせの紹介でも妄想しておきます。任天堂が本気だしてきておらワクワクすっぞ。

ニンテンドーカタログチケットの購入方法

youtu.be

購入方法は2点。

  1. Nintendo Switch:ニンテンドーeショップ
  2. PC、スマホ:マイニンテンドーストア

この2つ。

一応、見たほうがわかりやすいのでマイニンテンドーストアのリンク貼っておきます。

下記で紹介しておきますが、対象ソフトや今後引き換え可能ソフトもページ先に書いてあります。興味ある人はどうぞご確認ください。

ec.nintendo.com

あとは適当に注意点。

購入上限枚数は8枚まで

上限は8枚。とはいっても使用したら再度購入可能。実質無限に1つのソフトが4,990円で買えるようです。

現状では販売期限の記載がありませんので、1年間の使用期限もあるから欲しいソフトがある程度まとまってない限りはちまちまと購入でよろしいかと。

紐付けアカウントの国を変更するとチケットを利用できない場合がある

任天堂販売タイトルならいいのか!じゃあアメリカだとオクトパストラベラーとかは任天堂販売だから日本よりもあるな!変更しよ!!って使われ方の防止のためと思われます。悪いことはしないようにしましょう。

ニンテンドーカタログチケット対象ソフト

現在までに任天堂看板で販売されている対象ソフト

上記のマイニンテンドーストア参照(2019年5月16日時点)

タイトル 価格(税込み)
ヨッシークラフトワールド 6,458円
New スーパーマリオブラザーズ U デラックス 6,458円
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 7,776円
ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ 6,458円
ポケットモンスター Let's Go! イーブイ 6,458円
スーパー マリオパーティ 6,458円
マリオテニス エース 6,458円
超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido 5,378円
ドンキーコング トロピカルフリーズ 6,458円
星のカービィ スターアライズ 6,458円
BAYONETTA 2 (ベヨネッタ2) 6,458円
マリオ+ラビッツ キングダムバトル 6,458円
Xenoblade2 (ゼノブレイド2) 8,618円
スーパーマリオ オデッセイ 6,458円
スプラトゥーン2 6,458円
ARMS 6,458円
マリオカート8 デラックス 6,458円
1-2-Switch(ワンツースイッチ) 5,378円
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 7,538円

値段が高い『ゼルダ』と『ゼノブレイド2』は合計16,156円なのに、チケットを使えば9,980円で購入できるように。実質1本タダみたいなものです。ほんと任天堂、攻めてるなあ。

今後、販売で対象として紹介されているソフト

タイトル 配信日 価格(税込み)
スーパーマリオメーカー 2 2019年6月28日 6,458円
ファイアーエムブレム 風花雪月 2019年7月26日 7,538円
ASTRAL CHAIN 2019年8年30日 8,618円

もうすぐ販売されるソフトまで対象って冷静に考えておかしいな…

FEもアストラルチェインも開発費がかなりかかってるだろうに。オンラインユーザーを獲得するために資本体力を武器に先行投資してきたと考えるのが妥当でしょうか?

こまけぇこたあ考えないで、ユーザーは「やったー!任天堂さん!ありがとうー!」って感謝しあうのが良き関係パートナーに繋がると思うので、おじさんはやったー!って褒め称えておきます。


ASTRAL CHAIN(アストラル チェイン) -Switch

ASTRAL CHAIN(アストラル チェイン) -Switch

ファイアーエムブレム 風花雪月 -Switch

ファイアーエムブレム 風花雪月 -Switch

じゃ、パッケージ版はどう差別化するの?ってことですが、オンラインセットや特典で差別化を図るようです。さすが。タッチペンはちょっと欲しい。

中古屋のダメージはでかいと思う

任天堂タイトルの特徴として、中古屋の価格がほぼ定価じゃねえかって値段で取引をされてるのを見ます。

あと、店側が確保している在庫の少なさ。パーティゲーや大作が多いせいか、ソフトがなかなか中古に回らないのかな?そのためか、なかなか値崩れしない。

しかも、今回のセール実施ですでに発売されている任天堂看板タイトルを新作パッケージで買う人は減り、DLに移行する人が増えると思われます。今後の新作はわかりませんが、少なくとも今なお人気のゼルダ、スマブラSPをわざわざパッケージで買う人は減るんじゃないかな?

それによって中古市場はどうなるのか?

近所だとゼルダの中古価格は6,500円で取引されておりました。でも今後はチケットを使えばDLとはいえ新作5,000円で購入できるようになり、中古価格も追随して5,000円付近の販売値に落とさざるを得ないと思うんですよね。

だって全員がDL購入するわけではないとはいえ、飽きたら売るつもりのユーザーでも、初期購入コストに開きがあれば中古で価格差があるゲームを買うか?ってわけで。売る頃には買取価格がもしかしたら値崩れしてるかもしれないのに。

そのため、早めに手を売って赤字で処分せざるを得ない店舗が出てくるのかもしれません。

まあ、ただ、ユーザー的にはそんなこと知ったこっちゃない。新作を販売する小売はともかく、中古販売はソフト会社にとって利益なんもないし。

具体的にはGEOやTSUTAYAの担当が頭を抱えるだろうなって思う。最近は中古スマホ販売に舵を切って生き残れてるのでまあなんとか生き残るんでしょうが、自分が販売担当だったらもう負け戦確定なので辞表提出して逃げる一択してそう。

まとめ:オンラインユーザーは今後ますます増えそう

とりあえず一言。

( ゚д゚) GWセールのあとにこんなん卑怯だわ任天堂

以上、お得なニンテンドーカタログチケットの紹介でした。

今後Switchデビューする人にはほんとお得なサービスです。スマブラSP発売前に出会いたかった…ッッッ!!おのれ任天堂ッッ!!