嫁を迎えるまで淡々と

築37年の中古戸建てを購入した独身アラフォー備忘録

日本電信電話(9432)株を購入。NTTなら潰れないだろうってお婆ちゃんが言っていた。

f:id:somei2012:20200305195532p:plain

( ゚д゚) お婆ちゃんが言っていた…

( ゚д゚) 俺が望みさえすれば運命は絶えず俺を味方する…

なぜかこのタイミングで日本電信電話ことNTTを100株購入した染井です。ウンメイノー。

あ、お薬は間に合ってます。

本音は一度手放したKDDIを買い戻そうと待っていたのですが、全然落ちやしないところに「あ、こんなところに野生のNTTがっ!?」と目に入ってしまったのでつい。ついじゃない。

幸い、現在は微妙に含み益ですが、最近の高い!高い!死ねえ!!ってヤンキー相場では誤差みたいなもの。すぐに含み損を抱えて震えて眠る日々が待ってると思われます。

というか、明日には暴落してんじゃねえ?

なぜせめて最低でも権利確定の3月末まで待てなかったのか。嗚呼、所詮私は暗闇で光に引き寄せられる有象無象。

日本電信電話(NTT)とは?

言わずとしれた国内通信のドンこと日本電信電話。

地域固定電話網を独占し、携帯、光回線で高シェアを獲得している。最大の大株主は財務省で実質国が運営してるようなもんです。子会社にNTTドコモ、NTT東日本、NTT西日本、NTTデータ、NTTコミュニケションズと名だたる企業が連ねる無敵グループ企業。かー!平民の自分には社名だけで眩しいわー!!

NTTで有名な話では初上場日の1987年2月9日は買いが殺到して値がつかなかったこと、翌日10日に160万円の初値を記録したかと思えば、勢いは留まることを知らず翌月3月4日には株価300万円到達してNTT長者を生み出した事でしょうか。いいなー。

当時から誰もが憧れる超一流企業なのが伺えます。まだその頃はバブーって言ってたよあたしゃ。

しかしながらチャートを確認すると株価はバブル崩壊に巻き込まれてずっと下降トレンド。さらにはリーマンショック、東日本大震災後の大災害ではさすがの威光も市場には届かないようで下げ続けていたようです。ただアベノミクス以降のここ10年はずっと上げ続けています。まあ、日銀があれだけ市場にジャブジャブと資金を投入したらんがんぐ。

で、今回の新型コロナ騒動がどう着地するのかまだ分かりません。

比較的業績は安定しているので配当を減配する可能性は低いとは思うのですが、株価は半値以下まで投げ売られる可能性も考慮しておきます。が、ここが潰れるときはもう投資が云々言ってる場合じゃなさそうなので、例のごとく含み損生活に突入したらふて寝しておきます。いいんだよ。ここは配当くれるディフェンシブと思うんじゃい。

NTTの株式指標

2020/3/4

市場 東証一部
決算 3月末日
株価 2,505
単元数 100株
一株配当 95.00
配当利回り 3.79%
PER 10.90
PBR 1.00

業績が安定しているとはいえ成熟産業過ぎて投資妙味がないのか割安でした。

でも配当利回り4%になる2400より下でほんとは仕込みたかったのが本音。

んじゃー誰が株をお買い上げされてるんですかねー?どこの大人さんですかねー?謎ですねー?個人が大型株を支えるのは無理と思うんですがねー?不思議だなー?謎だなー?

株主優待

これまでNTTは株主優待がなかったのですが今期より新設されました。

ただ、正確には優待というか記念品というか…保有継続期間を達成時にdポイント(1ポイント1円相当)を貰えるだけです。えぇ…

詳しくは公式画像を御覧ください。

f:id:somei2012:20200305194414p:plain
引用:https://www.ntt.co.jp/ir/private_investor/benefit/index.html

初回権利日は2020年3月31日。

条件はNTT株の保有期間が2~3年、または5~6年の株主のみ。枚数は関係なし。もらえるポイントは100株以上保有していたら継続期間2年目に1,500ポイント。5年目に3000ポイントがもらえます。つまり、これから新規で保有した人の場合は、5年間保有していれば合計4,500ポイント貰える。

ってことは6年目以降は何もないってこと…?え?ひどくない?後々追加する予定なのかな?

NTTへの感想や評価

おじいちゃん、お婆ちゃんは一度契約した会社を全然変えない。そういう生き物。金銭的なお得よりも安心と便利を選ぶための支出は全然気にしようともしない。NTTやKDDIはそういう客層をすでにかなり抱えている。だから無敵!潰れない!素敵!増配して!!

そんな感じでの新規取得です。正直KDDIを手放してまで買う意味はあったのだろうか…とは思ってる。のーだーけーどー。auが2-3月に実施中の最大10億円還元キャッシュレス決済キャンペーンの対応があまりにもお粗末で…こりゃやべぇな…って逃げちゃったのだからしょうがない。

と、日本電電に移動してきました。全ては光ファイバーのために!

正直DOCOMOでもよかったのだけど、ドコモ単体だとこの先ちょっと不安だったのでこちらへ。KDDI同様に太い脚を囲い込んでる以上は大丈夫とは思うが念の為。割高で成長性が怪しくても安定して資金が回転してるうちは市場では正義。もう長いものには巻かれて簀巻きにされておきます。ぐるぐるぐるぐるぐるぐる。