嫁を迎えるまで淡々と

築37年の中古戸建てを購入した独身アラフォー備忘録

私の新型コロナウイルスへの対策。日常アンド株式銘柄編


f:id:somei2012:20200320181720j:plain



( ゚д゚) 生存ー!

( ゚д゚) 戦略ー!!

くるくる回るマスコミの煽り報道。探して真実?撮れる視聴率…

新型コロナウイルスの感染者や死者数を毎日煽って食べる飯はうまいか?…と現実逃避をしたくなるこの頃。

今日のニュースでイタリアの1日の死者数が中国を抜いたとのことですが、中国の発言の信憑性を半分くらいに見積もってもスキンシップ盛んな国とはいえイタリアの増加スピードは異常です。

実は小児期に摂取した風疹、麻疹、日脳炎のワクチン等がこっそり効果ありません?なんて根拠のない説を唱えたくなる程度に日本の現状と比較して訳がわかりません。

なんにせよ情報が錯綜しすぎて自分で出来る対処法なんてあまりないのですが、乗り切るために意識していることを整理しておきます。

うがい、手洗い、ヤクルト

個人で出来る新型コロナウイルスの対処法なんて結局のところ体内に侵入させて増殖させないように気をつけるしかないんですよね。

だから

  1. うがい
  2. 手洗い
  3. ヤクルト

これが基本。ヤクルトは冗談です。でも何か飲んで胃に流し込んでもいいんじゃないかなーと今回の騒動に関係なく、年がら年中白湯をちまちまと飲んでます。

顔洗い、鼻うがい

手洗い等の洗う行為として他には

  1. 顔洗い
  2. 鼻うがい

上記を起床時、昼時、帰宅時にやってます。

顔は目、鼻、口と露出した粘膜だらけ。化粧をしている女性では難しいとは思いますが、自分はおっさんですので。おしぼりがあったら遠慮なく顔も拭きますので。温かいおしぼりだとなお最高なので。

鼻うがいは生理食塩水があると刺激も少なくよいのでしょうが、用意するのは難しいため水道水で鼻の入り口付近まで軽く吸って吐き出す程度にしています。奥まで吸うのは流石に怖い。細菌を繁殖させそうなので軽くです。軽く。

マスク

マスクはコロナウイルスに対して意味があるのかないのか効果の是非を突っ込まれてますが、一応自分はしています。というより、コロナが流行っていなくても花粉症なのでこの時期はほぼしています。

個人的には新型コロナに焦点を当てると自衛よりも周りに対処はしてますよーってアピールに近いです。結構マスクは仕事をしてるとズレるから上から触っちゃいますし。くしゃみをしちゃうからせめて飛散だけでも食い止めてたら良いなってお守り感覚。

ええ、わしは職場で第一発見者にはなりとうないねん。

花粉用メガネ

花粉用メガネは要は水泳ゴーグル的なものです。

メガネ用途なので完全密閉とは行きませんが、ある程度外部からの侵入を防いでくれます。掛けていても自分の湿気でレンズが曇ることもありません。ドラックストアでも1,000円ほどな記憶ですが、自分は100円ショップのを使っています。

風呂

当たり前だろう。次。

って風呂に入らずシャワーのみの日が結構ありました。

誰にかわかりませんが懺悔します。

メディアの情報は見出しくらいに

連日どこの県で、街で、国でとメディアは恐怖を煽るのが仕事なん?素敵ですね?と言いたくなるほどに報道各社が時間を割いています。

でもねえ、伝えるのは分かるけどそんなに紙面や放送の時間いる?要点だけパパっと載せたら済む話じゃない?

いつまでも民衆煽ってないで、私の持ち株が反転し始めてきたこと放送して提灯の役目して下さいよ。メディアのお仕事でしょ。

通信、電力ガス、医薬品、食品スーパー株に手を出す

今週はアンワインドやらリバランスやらですでに内需関連株の上昇が始まりました。

これが短期的なリバなのかデッドキャットしてるかは悩むところですが、手を出している新規銘柄はここ最近の更新で書いていたような通信、電力、医薬、食品スーパーが中心です。

反対に、リーマンショック時の経験から当面は自動車と保険と機械関係の会社は避けています。工場の閉鎖の影響は長引くだろうし、保険や派遣は考えるまでもない。

当時の記憶だと株主優待がある銘柄が妙に数年ジリジリと強く、しばらくしてなぜか不動産が毎日上下にジェットコースターだったでしょうか。デイトレができる環境なら美味しそうです。できんけど。

で、今週は吉野家、ゼンショー、すかいらーくといった外食も今週株価が上げてきたから優待銘柄に資金戻ってきたって判断をするのかどうか。これはどうなんだろうなあ。短期的なリバにしか見えないんだよなあ。個人が優待だからって買ってるようにも思えないんだよなあ。

手を出すにしても権利日ギリギリですか。オリックスとかリーマンショック時の再来だと90%近くの下落を覚悟しなきゃいけませんので。

あとは信用買が妙に多いところもスルー。逆に売り残が多いところは強気で。イオンとかゼンショーとかヤマダ電機とか。短期的にはどこまで戻すかわからない恐怖に怯えるがいい。と監視はしてるのだけど信用買の多いソニーは上下の揺さぶりが多すぎてやっぱりわからない。

まあ、個人の感想です。ぶっちゃけ全部ドコモにつっこんでいたらよかったね!と今でも思う。

まとめ:まだ生き残りたい

  1. 感染力がとても高い
  2. 致死率が現状インフルエンザより高い
  3. 特効薬が今のところない
  4. 高齢者で持病があると重症化しやすい
  5. 若者は高齢者に比べて寛解する傾向

こう見るといままでインフルエンザに感染しそうな環境でも閉鎖空間授業や移動を出来ていたのがすごいなって。対処できる薬があるかないでこうも違う。そろそろ中国か欧州で治験している後発医薬品で効果がある薬の結果報告がでてくるだろうから正座待機。

警戒するのもわかるけど、このまま自粛ムードが続いて経済活動ができない状態が続くといろんな会社が倒産なんてことも警戒しなくちゃいけない。小さな派遣業や旅行会社なんて次年度まで持つの?