嫁を迎えるまで淡々と

築37年の中古戸建てを購入した独身アラフォー備忘録

【MHR】百龍の淵源ナルハタタヒメに初挑戦

モンハンライズ待望の5月アップデートで宙ぶらりんだったストーリーが追加されました。

PVではこの後にバルファルクも控えているのが判明してますが、まずは百龍夜行の元凶であるナルハタタヒメとイブシマキヒコ古龍夫婦を討伐するのが先なようです。ということはラスボスじゃないのか君等?

以下、初見の感想でも整理しておきます。

1回目:ランス


3乙。



( ゚д゚) 草ァ!



ええ、3乙しました。割と易しめな今作の討伐クエストで失敗するのはマガイマガト以来の2回目ですか。

言い訳をしておくと直前まで違うアクションゲームのイース8をしてたので集中するほど無意識にカメラを対象と逆に動かしてしまって。それであたふたしては被弾を繰り返すという。オールドタイプなので適応力Eが辛い。

その他の原因としては

  • 夫婦2体いたとしてもあの2体だしと舐めてた
  • 俺…モンハンやるの2週間ぶりなんだ…
  • なんでランスで行ったのか。これが分からない。

ってまあ奢りには違いないか。

ラスボス?ということでご丁寧に受け身とカウンター狩り対策で範囲攻撃と連撃も多くなっているところに操作方法があやふやになった状態で挑むのはさすがにご無礼でした。

あとは単純に淵源ナルハタタヒメの攻撃力がエグい。2発もまともに食らうと合掌~って火力に。ランスのガード上からでもかなり削られるのは勘弁~。

2回目:ランス


3乙


( ゚д゚) ちょっと待てぇ



いやほんとすいません。…って誰に謝ってるのでしょうか私は。



カメラ操作がイース8から離れなくなってるならカメラ操作をモンハンでもイースと同じにすればいいじゃない!とタイプ3に変更しました。さようならタイプ4操作。

で。

挑んでみたら中途半端に勘を取り戻して適応したようでこれはこれで違和感という。どうしろと。カメラをグルグルと無駄に回転させて視界からわざわざモンスターを外すのは変わらずでなれてるうちにまた失敗してしまいました。

その他の敗因をまとめ。

  • お怒り後のラッシュがランスでガードしてても削られる
  • だからなぜランスで行くのか。これが分からない

3回目:ランス

一応討伐できました。



なお、泥仕合っぷりは討伐時間でお察し下さい。

ランスでの感想としては相手のターンが多くてなかなか攻撃の機会が作れないのが辛かったです。攻撃モーションを理解しても武器をしまうのが遅くて追いかけっ子になるとなかなか面倒でした。

そのうえ連撃でガード上からダメージも食らうからガードの意味もあまりなく相性的にはうーんって感じ。

4回目:操虫棍

やっぱ操虫棍なんだよなぁ…

討伐タイムは見ないことにしましょう。3色が非常に取りにくかったなぁ。

機動力のある武器はやっぱり良いです。操虫棍は空中戦も仕掛けれるし回転突進も色々とカウンターが取れるからやってて楽しかったです。誰だよ初見からランスなんて担いで行ったやつぁ。

最終面の演出

最終決戦ということで色々と演出が凝っていたのがよかったです。

旦那→嫁→吸収合体がまず予想外でしたし、撃龍槍をモンスターが使ってくるのはありなんだそれ…ってなりました。倒した後に太陽の光が照らされるのもベタとはいえ一区切りついと分かる良い演出です。

ただ、それ以上になかでもラスボスバトルにマガイマガトが乱入してきたのは良かった。というか不意をつかれて笑ってしまいました。カメラも「上からくるぞ!」と勝手にロックされて強制表示なのが卑怯。

そしてプレイヤーの目の前に背中で語るヒーロー着地。即座に威嚇もせずナルハタタヒメに攻撃するマガイマガトの姿。

これで笑いを堪えるのを我慢しろって無理。こんなの主人公が「またせたな!」って登場ムーブじゃん。

お前の餌場は百竜夜行だっただろ!?最終決戦のここになぜ!?確かにレウスだろうがテオやクシャといった古龍にも喧嘩をふっかけてきたけどさあ!ってほらすぐに操龍状態にさせられちゃってるじゃん!ええいやってやるぜ!おらっ!いくぞ友情合体技!!

と流れにまかせて大技まで決めたら決めたで英雄の証が流れ始めるっていう。え?最終回ですか?

それだけでもお腹いっぱいなのにすぐさま

「マガイマガトが去っていきました」

この文字の破壊力。

いきなり登場してなぜ帰ってんだよ。おまえ何しにきたんだよ。なんだよこの演出。最高か。

格好良く登場してすぐ操龍状態にさせられるのもいい味を出しています。某国民的アニメの某王子がやる「勘違いするなよ!お前を倒すのはこの俺だ!」→「うああああ!?」という往年の様式美を感じます。

頑張れマガイマガト。お前が看板モンスターだ。

まとめ


以上、淵源ナルハタタヒメ討伐中の吉本新喜劇でした。んん?

いやあマガイマガトが美味しいところを全部持っていっていきました。ラスボスまで喰いやがりましたこの狂犬キャッツ。よくよく考えるとストーリー的には里とは無関係の個体だろうにこの食いしん坊め。

なんかもうずっとこいつが相棒として横で一緒に戦ってきたような気がしてきました。多分そうだった気がしてます。(存在しない記憶)