嫁を迎えるまで淡々と

築37年の中古戸建てを購入した独身アラフォー備忘録

【Slay the Spire】アイアンクラッド カード評価・感想

最近は4主人公のうちアイアンクラッドをメインに遊んでいます。

単純にローグライフとカードゲームを混ぜただけじゃん?と軽い気持ちで始めたんですが、ゲームバランスとランダム要素がうまく噛み合っていて世間で評価されてるのも頷けますこのゲーム。時間がめっさ溶けていく。

自分で道を切り開いていく試行錯誤の連続がほんと面白いです。

とはいえアセンションを上げて難易度が上げていくのはあまり楽しめず。いろんな手法を試すのが段々ときつくなってきております。バリケード防御軸か堕落枝以外にラスボスの心臓倒せるんですかね?というか道中ですらしんどいのですよ?

って状態だから初期設定で俺TUEEEEEEEE!!!!と最近は無双しがち。そんなことしてたら唐突にアイアンクラッド編の全カード評価レビューしたくなる狂気に当てられてしまいました。愚かなり!愚かなり!!かー!かー!

とりあえずアタックカードのみざっと書いた、スキル、パワーは後日追記しておきます。

(順番はゲーム内のカードコレクションをコスト・タイプ順にソートされたものです。)

アタック

ストライク

初期装備。とっても頼りない。削除してデッキ圧縮されるために生まれてきた悲しい存在。でも最初から削除するとボスグレムリンで詰むので防御から削除派です。

頭突き

捨て札から一枚を山札の一番上に戻すって便利な頭突き。デッキが膨らんだときの用心棒ながら序盤、中盤、終盤と隙がない。見かけたら1枚は拾う。

かぶりつき

このカードで倒すと最大HPを増加させるって便利効果。なんだけど序盤で拾えた例がなく活用できた覚えがない。

ラリアット

脱力2。UGして脱力3。

敵の火力を下げてくれる貴重なカード。UG必須なので序盤で取るときは悩む。アッパーカットがあるなら不要だけど、こちらは手に入りやすい。

ヘビーブレード

筋力軸のアタッカー枠。筋肉モリモリマッチョマン状態なら3桁ダメージ出して脳汁半端ないことになるが、発火や悪魔化がない限りは取らない。

ソードブーメラン

ランダムに3×3ダメ。UGして3×4ダメ。筋力デッキになりそうなときには拾ったりしていたけど、狙い始めると出ないんだこれが!

無垢なる突進

0コストでダメ7が素敵。ただしめまいの状態異常付き。

序盤か廃棄軸を意識したときに拾わないこともない。進化、吐息、無痛が手元にあったらそりゃもうって感じだけど、狙うとそ以下略

フルストライク

ストライク関係を集めると火力があがるやつ。何も分からない最初プレイでお世話になった相棒。うん…これだけに頼るにはちょっと火力がね…

ボンメルストライク

アタックするとカードドローがついてくる。便利。素敵。エナジーが増えデッキも増えてくる後半ほど輝く。

大虐殺

2コスト20。エセリアル。

出逢えば拾っていたけどあまり活用できず。使いにくい。序盤だと手札に同じ2コストの強打、後半でも他の2コスト枠重なって勝手に消滅されてしまう。

生け贄

2コスト全体攻撃枠。デメリットは火傷を山札に1枚。

大好き。迷うことなく選ぶ。同じ全体攻撃の旋風刃とも共存は可能。さすがレアカード枠。強い。

死神

貴重な回復枠。便利ではあるのだけどアタックするタイミングが難しい。
回復しようとして被ダメが増えたら意味がない。筋力を上げてアタック数値を増やそうとすると使う頃には敵の体力もジリ貧でそこまでに被弾した分より少なかったりうまく扱えてない。

鬼火

カード1枚を廃棄するとダメーじ8。UGで10。

鬼のように便利。どこでも大体ピックしちゃう。状態異常カードも巻き込んで処理できるし、いらない初期防御や攻撃も廃棄できるのが最高。

強打

最初から持ってる弱体化2。UGで弱体化3。コスト2。

ダメージはコスト分を考えると重たいけど序盤の貴重な弱体化枠。序盤に強化先がないときは大体このカードから。

ツインストライク

連撃。5×2。コスト1。

大変使いやすい。序盤であれば何も考えずに取る。

脳天割

3コスト枠の貴重なアタック。UG

大変便利ではあるけどコストが重くて取るときは悩む。デッキよりもエナジー次第。防御枠を1枚使える4は欲しい。

アイアンウェーブ

防御とアタックを同時にできる珍しいカード。ただ数字が中途半端。序盤ならあっても良いかなって塩梅。あまり積極的には拾わない。スルーしがち。

霊魂切断

攻撃時にアタック以外のカードを削除する。一度も使ったことがない。

同じ効果で防御を張れるセカンドウインドと比べて使い勝手が悪すぎる。コストを2使うのに火力も低くていまいち利用方法が浮かばなかった。

アッパーカット

攻撃時に脱力と弱体化を同時にこなすカード。

便利すぎる。UGはターンが伸びるから率先。アーティファクト剥がしにも便利だしデッキが膨らんでなくても2枚はあっても良いと思う。

旋風刃

エナジー分の回数攻撃を全体にダメージ。

貴重な全体攻撃カード。しかも1枚でエナジー分の回数攻撃できるので調整できるのもまた便利。序盤でも終盤でも使うが特に2章では喉から手が出るほど欲しい。これがあるかないかで道中の被ダメが全然違う。

大暴れ

使用する度に攻撃力があがるパないカード。

1コストなのに恐ろしい数字になるため迷うことなく選択。デッキが少ないうちはほっといてもデッキが回転されてトップ火力になるし、枚数が膨らんでても頭突きで回収などもしやすかった。

UGダブルタップで大暴れと頭突き回収は宇宙。

猛撃

連撃。使うと廃棄。

筋力軸になりそうなときにたまに拾ったものの、終盤で拾う程度。廃棄されるしあまり深く考えず取得しても良いと思うのだけど序盤では腐りがちでスルーしがちに。

血に血を

ダメージを受けるとコストが下がるって唯一のカード。

4コストから始まり0コストまで下がる。ボスバトルでは大体どこでも被弾するのでいつのまにか低コストで使える事が多い。雑魚戦では腐らせるので拾っても1枚だった。

雷鳴

全体ダメに弱体化1

UGしても弱体化ターンが増えるわけじゃないのであんまり強力なカードじゃないんだけどアーティファクト剥がしには便利。1章なら拾うけどそれ以降は悩み。

灼熱の一撃

唯一何度でも強化可能な攻撃カード

とはいえ4回ほど強化しないとつえーなこれって感じはなかった。メイン火力を絞れるからデッキ圧縮しやすくなるのは利点。火力が上がればデバフもいらなくなる。戦闘中に武装でさらに何度も強化できるのもロマン。

のだけど、あまり自分ではうまく扱えず。強化が進むと雑魚戦ではほんと楽だったがボス戦が殴り合い宇宙レースになりやく安定しなかった。

なぎ払い

1コストの全体攻撃。

序盤でほんとほしいカード。なんならすぐUGしたい。大量スライム、セントリー、2章のエリートボスと利用先は多数。序盤ほど迷わずピックしてた。

クラッシュ

アタックカードがあるときしか使えない。

デメリットがあるため火力は十分。うまく扱えずほぼスルー。雑魚戦はともかく火力のみだとボスがとてもきついのよ。

ワイルドストライク

攻撃すると状態異常カードが1枚追加される

結構拾ってた。デメリットの割に攻撃力が高いのが良い。序盤では廃棄できるカードが拾えず苦労することもあったけど、バトルトランスなどで回転率を上げたりしても対処できたので。

怒り

0コストアタック。使うと増える。

使うと増えるのが癖があるけど序盤で拾えると貴重なノンコスト攻撃なので大体拾っていた。2章では手持ちカード次第。終盤はあまり使わず廃棄候補対象。

ボディスラム

防御の数値をダメージに変える。

UGすると0コストで殴れる大変便利。バリケード塹壕が揃ったときは宇宙。コンボパーツの一つではあるけどそうでなくてもUGさせておけば防御で凌ぐしかないときでもアタック可能なので見かけたら1枚は拾っていた。

ヘモキネシス

体力を捧げて攻撃。

他のカードとコンボ前提で存在してるっぽい。あんまり使えてなかった。

ドロップキック

敵が弱体化していたときに攻撃するとエナジーとカード1枚

弱体化を付与するアッパーカット、ラリアット、雷鳴などと一緒にぶちかますのが基本。意外とコンボできる機会は多くて1枚は拾ってた。UGは滅多にせず。