嫁を迎えるまで淡々と

築37年の中古戸建てを購入した独身アラフォー備忘録

【悲報】俺氏、家が広すぎると咽び泣く【独身戸建て】

2019年に購入した築年数37年の木造2階建ての我が家。

しかし入居前から思っておりました。

( ゚д゚) 広すぎねえ?

そして懸念していた通りになってます。やはり女性ならともかく男性一人で4LDKは部屋を持て余します。間取りも2LDKもあれば十分です。何当たり前の事を今更言ってるのだろうか。

今更なぜ中古戸建てを買ってしまったの?賃借のままでよかったんじゃない?と後悔してるわけじゃないですが、残り1100万円の住宅ローンがあるし、新築と違って買い手は少なくそう簡単に手放すこともできないので淡々と返済するとします。

なーに、そのうち持ち株が10倍になって1億円くらい手元にh

え?安倍総理が辞任?菅官房が濃厚?わ、わいの通信株はいったふぉかぬぽぅ!?

独身は2LDKで十分

よく日本の家はうさぎ小屋だなんだと揶揄されることがあります。狭くてギューギューで海外の家に比べたら狭いからでしょう。

しかし、それに適応してしまったのか自分はそんなうさぎ小屋の広さがあれば生活するのに十分だと感じます。

食べる、寝る、休む、風呂のスペース。

これだけがあるだけで人は生きていけます。

心の余裕?そんなものは住居スペースで満たされるようなものじゃないよ。人生は内容だよ内容。メリット・デメリットじゃないよ。人生はどう生きるかだけよ。

部屋を季節によって使い分ける

部屋が余る。

それはもうしょうがない。しかし、使わない部屋は痛んでしまいます。いや、築37年の時点で痛むもクソもなくすでに寿命が…ってツッコミは止めましょう。

だから4部屋を季節によって無理やり使っています。

例えば夏は1階で過ごし、冬は2階で過ごすなどです。

単純に夏の2階の気温が頭おかしい!冬のフローリング冷たすぎる!って床の温度変化で動いてるだけなんですが、ミニマリストほではないにしろ物が少ない生活をしているので季節の変化に合わせて動くのもそこまで大変じゃないです。

でも、使わない部屋が発生する。そうして残った部屋は急な宿泊でもいつでも対応できるようにフリーにしてます。

まあ、この1年で誰も泊まったことがないのですが。

むしろ誰も招待してませんが。

そのため実際はいつの間にか侵入していたハエトリグモのための部屋となっています。部屋というかサイズ的に国ですか。ああー!今日もハエトリグモちゃんがぴょんぴょんする仕草がマジかわいいんじゃー(現実逃避)

建て替えることがあれば平屋

戸建ての形態にもいろいろとありますが、昨今では平屋の人気が復活しているそうです。

  • 階段がなくてバリアフリーが容易。
  • 手が届く範囲に必要なものが設計しやすい。
  • 太陽光を大容量載せやすい。

など色々と理由はあるようです。

が、高度経済期の新建材を使った家の寿命がちょうど終えそうなので老夫婦が建て替えてるのだとか。やっぱこの世代は金もってんなぁ…

他にもハウスメーカー曰く、若夫婦が最初から平屋建築を希望して見学にくる数が増えているそうです。理由は今の家は長く持つので子供が出ていった将来を見越してなんですって。賢いですね。

しかしながら自分が購入したのは40坪の土地なので平屋を立てても本当に2LDKハウスになりそうです。それはそれで構わないのですが、それはまた10年後くらいに考えてみましょう。戸建てを購入しておいてなんですが、やはり自分はライフラインが揃っていて寝ることができるだけで満足と家に執着がないようですので。