嫁を迎えるまで淡々と

築37年の中古戸建てを購入した独身アラフォー備忘録

「楽天スーパーホーダイ」から「Rakuten UN-LIMIT V」へ乗り換え。1年間基本使用料無料、解約違約金無しは乗るしかない。

クソうるさいCMこと楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V(ラクテンアンリミットファイブ)」に乗り換えしました。

以下、プランを移行した理由です。

楽天スーパーホーダイから移行しても違約金無し

移行前の楽天スーパーホーダイは2年契約途中であと1年残っていました。

だから移行するとしても1年後かなーと考えていたのですが、ちゃんと読むと違約金無しで移行ができたみたいです。そら移るわ。ダイヤモンド会員の割引もなくなったし。

スーパーホーダイも月々約2,000円と安い部類でしたが、これならもっと早めに気づけばよかったです。ぐぬぬぬ。

1年間基本使用量が無料

契約する理由の一番の理由はまあこれです。

むしろこれ以外に何かあるんですかね?っていう。

格安SIM運用は1,000円台が多いですが年間費用は12,000円。通話無料サービス付きの2,000円台なら24,000円も年間費用です。それが無料なのだからまるまる費用が節約できます。

逆説的に考えてみましょう。仮に24,000円を配当金で賄うとしたら利回り3%ほどの100万円銘柄に投資が必要です。つまり!これは!100万円の投資と同義!!(それはどうかと)

途中解約の違約金が無し

理由その2。

はい。解約違約金なしだって。つまり1年間の無料期間が終わるギリギリでさようならしてもよし。

用が済んだらてめーとはおさらばだぜえええって悪役ムーブをする未来が今から見えます。多分そうする。

理由としてサービスの売りの一つである5Gエリアは残念だけど自分が住む地域は対応するほど都会ではないし、通信無料の楽天エリアが生活圏で充実するのは楽天の夢展望な計画でも1年以内には間に合いません。

つまり、ほぼほぼdocomoかau回線エリアにお世話になったまま1年の無料期間は過ぎ去る。楽天の予定は基本未定ってばあちゃんが言ってたもの。

というわけで無料期間が終わればまたどこかキャンペーンに鞍替えです予定。最近だとLINEモバイルが頑張っているので継続していたらそちらに乗り換えでしょうか。そこまで企業体力持つのか知らんけど。

楽天ポイントが貰える

現在スーパーホーダイからの移行でもキャンペーンが実施されており12000ポイントが還元されます。登録手数料3,300円分を差し引いても約9000円のプラス。

六ヶ月の期間限定ポイントなので使わないと消滅してしまうので以前は消化が大変でしたが、現在は楽天ペイの支払いで期間限定ポイントも消化可能になったのでそこまで悩む必要もなくなりました。

もう少しガメつくいくと端末を新規購入するとほぼ端末代金のポイントを獲得できるので、使わない端末を売却すればさらに含み益が獲得できそうです。

けども移行からでもキャンペーン対応だったし調べるのがちょっと面倒だったので自分はこの形にしました。

紹介するとキャッシュバック

紹介キャンペーンも実施しているのでコードを貼っておきます。是非とも使ってクレメンス。

楽天モバイルに新規契約の方ですと上記の数字を契約時に入力すると通常のキャンペーンにキャッシュバック2,000円が上乗せされます。私にも3,000円がキャッシュバックされますが、上限5名までなので検討している方はお早めにご利用ください。

今月もキャンペーン実施をしているかわかりませんが端末も実質無料状態なので興味が湧いた方はご検討下さい

network.mobile.rakuten.co.jp

おまとめさん

これで1年間のスマホ通信費用が無料になり家計の出費が抑えられることになりました。なお速度はこんな感じ。

f:id:somei2012:20201102221955j:plain

まあ軽い動画なら問題ない速度が高速通信中は出るようです。

もともと楽天スーパーホーダイプランの常時1Mbpsの通信速度でも満足できる使い方しかしていなかったので良しとします。

また楽天通信エリアですと通信量無制限ですが案の定サービスを利用できる場所は近くになかったです。知ってた。なぜか自宅は楽天通信エリアだったのだけど。…え?まじで?

なにこの天運。もう休日はずっと布団でゴロゴロいじるの確定です。