嫁を迎えるまで淡々と

築37年の中古戸建てを購入した独身アラフォー備忘録

TAKARA & COMPANY(7921):宝印刷がいつの間にか横文字企業になってましたよ?

TAKARA & COMPANY。

これは多分「宝印刷」のほうが通じると思います。2018年頃にグループ統合で社名変更されていました。

統合でIR関連以外もあることやグローバルアピールの意味合いもあるのでしょうが、アルファベット表記で5文字以上は覚えれれない頭モンキーな私には他の名前はなかったのかと思います。

TAKARA & COMPANYとはどんな会社?

f:id:somei2012:20200523200254p:plain

グループ企業統一して作った会社のロゴ。これは傘下の企業を導くホールディングスカンパニーを“舵輪“、“羅針盤“、“盾“をモチーフにデザインしたそうです。洒落てますね。国内だけじゃなく海外の市場も獲得していくぞ!って気概を感じます。

業務内容は上場企業のディスクロージャ事業大手。金融商品取引法、会社法、IR関連とその手の金融分野に強み。上場企業の報告書作成は競合のプロネクサスと宝印刷で寡占状態。

で、近年ではベネッセから翻訳事業のサイマルを傘化にいれ東証再編に伴うIR関連のグローバル化にも対応。胴元のJPXや日証金などと同様に上場企業のための書類作成のインフラ会社って今後株式市場が崩壊でもしない限り潰れることはなさそうです。永久保有でチャリンチャリンと配当狙いに向いてるように思えます。いいなあ。

株価

【市場】東証一部
【決算】5月末
【単位】100株

決算は珍しい5月企業。理由は知りませんがおかげで目立ちます。

記録日 株価 PER PBR 利回り
2020/5/22 1,842 15.85倍 1.34倍 2.93%
2020/7/10 2,135 14.93倍 1.49倍 2.53%
2020/12/28 1,703 14.0倍 1.06倍 3.17%
  • 2020/5/22:結構安定企業の割にコロナショックの下落で配当利回りは3%台…だったのに優待権利確定月ということもあってか、コロナショックで暴落した2~3月の株価を超えるほどリバウンドしてきました。信用売り残も着実に増えて権利落ち後の暴落が怖い怖い。まあ権利取りは捨てて一度逃げます。下がったら再参戦。
  • 2020/7/10:決算を受けて昇龍拳中。コロナショックなんて関係ねぇー!売り豚は燃えろー!!って数字をお出ししてきました。ひゅー!汚物は消毒だー!!って動き。ああ保有してたらよかったね。残り材料としては東証の新市場設置でルール改正の恩恵。でもまだ早いのでやりすぎですね。待機待機。
  • 2020/12/28:決算を受けマイナス10%と暴落。年の瀬にホルダーを襲う落ちるナイフ。配当利回りも3%台に復帰したので再参戦。不調の原因はM&Aしたサイマルが利益を出せれてないのが理由だそう。コロナ禍なんだからしょうがなくない?

配当

実績

年度 中間 期末 合計
16.5 25 25 50
17.5 25 25 50
18.5 25 25 50
19.5 25 25 50
20.5 27 27 54
21.5 27 (27) (54)

株主優待

【権利確定月】5月末日
【単元株数】100株より
【優待内容】カタログギフト

優待はカタログギフト。100株以上と2000株以上の2種類。

保有株数 1年未満 3年以上
100株以上 1500円コース 2000円コース
2000株以上 3000円コース 3500円コース

利回り最優先なら100株を3年以上保有が一番良いです。

ここに限らずカタログギフト選択物は定価○○円で実売価格だと実際は…ということが多いので無理に狙う必要はなさげ。それより配当増やしません?長期保有してもそこまで大幅にアップするわけじゃないし。

以上から株価もそこそこ動くので無理に権利取りに参加せず定期的にスイングでコロコロが無難。本音は長期投資向きの会社なので枚数を増やしたい会社なのですが、配当増やせないなら100株以上の優待ハードルが高いので500株と1000株の優待を増やしません?