嫁を迎えるまで淡々と

築37年の中古戸建てを購入した独身アラフォー備忘録

【株主優待】プロネクサス(7893):企業のディスクロージャー・IR支援専門会社

上場企業の情報公開支援というニッチな分野を手掛けているプロネクサス。

ライバル企業の宝印刷とプロネクサスの2社で実質市場を支配しているのでもう何も言うことはない。今後も不祥事を起こさないようにコツコツと成長してくれることをお祈りするだけです。こいつまた祈ってるよ。

プロネクサスとはどんな会社?

旧社名は亜細亜証券印刷株式会社。創業1947年と結構老舗。

ディスクロージャー・IRを支援する専門会社。コンサルティング力とシステム開発力を生かしたサービス提供により、適正なディスクロージャーと業務効率向上に寄与。電子開示精度がスタートした2001年以降、上場企業の約6割から定期発注を頂いてます。

また最近では財務自動翻訳エンジンに力を入れています。理由はおそらく東証一部の四半期決算の英文IR絡み。現時点では一部の企業にのみの要望となってますが、今後有価証券報告書・コーポレートガバナンス・英文株主招集通知まで普及するようになると旨味大?

翻訳精度に関してはIR曰く「他社の自動翻訳に比べて精度が高いものを実現してる」のだそうです。ほんとぅー?

その他にも今後の大きな材料として宝印刷同様に上場市場の新基準の正式採用。また新基準かよ!?と上場企業の中の人は激おこなこの制度。実質宝印刷とプロネクサスの2社に頼る以外はないのでのんびり待っておきます。

プロネクサスの株価指標

【市場】東証一部
【決算】3月末

記録日 2020/7/11
株価 1,151
配当 32.00円
利回り 2.78%
PER
PBR 1.38倍

2020年7月:直近の決算ではコロナショックの影響は皆無。完全に騒動前まで戻ってきました。そら赤字企業も黒字企業もIRは作成しなきゃいかんのだから受注が落ちるわけがないので当然か。

プロネクサスの株主優待

【権利確定月】3月末日
【単元株数】100株より
【優待種類】クオカード

保有年数 1年未満 1年以上 3年以上 5年以上
100株以上 500円分 1,000円分 1,500円分 2,000円分
1,000株以上 1,000円分 3,000円分 5,000円分 7,000円分

優待品はクオカード。配当と違ってクオカードは税金がかからず受け取れるので良し。マツキヨ以外に使おうとは思わんけど。

長期ホルダーを獲得したいのか、優待設定がなかなか設定も細かく設けられています。100株でも5年保有で初年度の4倍分。1,000株に至っては7倍ときた。

私はリスク回避のためにコロコロと転がしてて権利日持ち越しを今までしてこなかったのですが、経営も右肩上がりなので長期保有でNISA枠を使うのも1つの手かもしれません。というか、他で捕まるくらいならしてりゃよかったなあ。