嫁を迎えるまで淡々と

築37年の中古戸建てを購入した独身アラフォー備忘録

【株主優待】巴工業(6309):本格ワイン1本のために含み損生活はっじまるよー

巴工業の株主優待を紹介します。

巴工業の株主優待はワインです。ワインですよプロデューサーさん!?と酒飲みだと道端で真空竜巻旋風脚するほど喜ぶのかもしれませんが、自分はアルコール類を週末に少々程度しか飲まないのですよね…

ならばなぜ買った?なぜ手を出した?

そんな疑問は不毛です。

( ゚д゚) そこに優待があるから!

これインデックス派なり高配当派なり指さされて笑われるやつでは…

こんな場末のブログ主と違って、賢い読者の皆様はちゃんと指標や時流を確認して取引をしましょう。なぜならば!!と勢いで乗り切れるのは小学生までです。

巴工業とはどんな会社?

中堅化学機械メーカー。デカンター型遠心分離機で国内首位。輸入化学品商材の扱い大きい。

遠心分離機といっても色々とあるようで、化学薬品だけでなく、食品工業、鋼・鉱業、エネルギー、紙パルプ、バイオ、下水、し尿、ゴミ処理と用途はかなり。日本経済の裏方として色んな所で製品を導入してきたとのこと

巴工業の株価等

記録日 2020/2/13 2020/7/5
株価 2,189 1,845
配当利回り 2.15% 2.55%
1株配当 47.00 47.00
PER 14.56倍 14.38倍
PBR 0.76倍 0.63倍

配当利回りは2%と優待有りの割には悪くないものの、1500-2000のボックス圏を抜けてからは力尽きたのかここ2年ゆっくり下げ続けております。

しかも主力の遠心分離機工場が上海にあるため、新型コロナ問題が落ち着く頃まで忘れててよさそうです。なーむー。自信がある方は頭と尻尾に挑戦どうぞー。

巴工業の株主優待

権利確定月 10月末日
単元株数 100株
優待内容 ワイン1本

巴工業の優待権利確定日は10月末日の年1回。大体12月の年末に送られてきます。

機械メーカーなのになぜワイン?という疑問は子会社の「巴ワインアンドスピリッツ」の取扱商品だからです。手広いねえ。

2019年10月期:「CHATEAU HAUT VEYRAC 2013」

巴工業の優待ワイン

2019年に頂いたのは2013年物のワイン。蓋がコルクなんて自分じゃ買ったことないやー。

フランス語は馴染みないので裏ラベルの振り仮名を読むと「シャトー オー ベイラック2013」と書いてあります。めっちゃ巻き舌で言うと知性ゼロの自分でも賢く見えますかね?

なお、味は辛めで自分には合わなかったです。えぇ…。おこちゃま舌なのでマイルドでないと飲めませぬ。おかげで調理酒となっております。コクがでてよかとです。すまぬすまぬ。