よめたん

嫁を迎えるまで淡々と

何がレーシックの後遺症に効くのかいまだに分からない

俺氏、ヤケクソで東芝株に1000万ほど突っ込むの巻。せめてSHARP株だろうに(えぇ…

もうこのまま一生レーシックの後遺症に苦しめられるんだろうな…と諦めの境地。リスク管理?何それ食えんの?ってレベルで日々過ごしている。どうせこんな状況じゃ長生きなんぞできないしたくない。苦痛に支配されながらの毎日はもう十分。せめて眼球の締め付け感くらいいい加減消えろ!と常時痛覚に人生支配されている。いつぞやの品川近視クリニックからの法的処置に引き下がらなかったのもまあそんなところからのヤケクソ対応でございました。

somei2012.hatenablog.com

人の眼球と神経をぶち壊しておいてそっちから商売の邪魔だからと潰すとか馬鹿なの?うるせーよ馬鹿野郎?こっちはもう後先考えてねえことくらいわからねえの?毎日吐き気と眼痛に支配されてる人間が残りの人生を守りに入ると思ったの?みたいな。

いや普通は守りに入るんですか?もう普通じゃない思考になってるんでしょうか?数年の間、常時痛みと眼球付近が圧縮される不快感に支配され続けてはいそうですか怖いので引き下がりますってなるんですかね。ちょっと医療機関のくせに人の心理を読めなさすぎじゃありませんかねと私は思うのですが。

話変わり、今年、タイミングがあえばもう一度斜視の手術を実施するかと思います。

レーシックで再手術はまずやりません。散々コンタクトやメガネでテストしても効きやしないので。ほんと屈折矯正専門の眼科専門医は死滅していい。一生、角膜消滅させて出てきた後遺症に対しては分からない分からない分からない、できるのは再手術しかできないと言ってろ。