よめたん

嫁を迎えるまで淡々と過ごすさあ

品川近視クリニックでレーシックをして後悔することになった7つの理由

f:id:somei2012:20180612090500j:plain

( ゚Д゚) 今更だよ!おせえよ!あたりまえだよ!!

というツッコミはもう、自分で、やった。やったよ……

近くが見えるほうを優先と事前アンケートに書いてあっても特に質問もなく過矯正にされる

ソースは俺。

問答無用で視力最大2.0を狙い、その結果が遠視なのは俺の体質が悪かったからだそうです。弱めに調整するのを紙に書いてあっても質問もせず希望も言わなかった俺とその体質が悪いのだそうです。

術後数日で異常な吐き気や頭痛を訴えても「眼に問題はないから」と他院に行くように誘導される

ソース俺。

当然、他院に行っても解決せず。するわけがない。

20代なのに近くが見えない結果になってる患者に対してレーシックってそんなものだからと

おう!?「翌日から仕事もできる」とか言ってたよなお前ら!?1週間過ぎたのに近く見えないんですけど!?と激高して飛びかかったということはなく、そのときはただただ吐き気やら頭痛やら動悸やら体力的にグロッキーで近くが見えんのはこの際どうでもよかったです。

いや、よくはないんだけど、とにかく助けてって内容はスルーでした。なお、この時の機械で測定する数値は近視でデータは正常だから!の連呼で遠視ではないということでした。

最高顧問がメガネときた

最高顧問 増田教授、水流教授はメガネでいまも公式ホームページで紹介されております。(2014年8月時点)

経歴も東大の名誉教授とかそんなご立派な単語が並んでますが眼鏡。ええ眼鏡。老眼が心配なら自慢の老眼レーシックや遠近両用レーシックでもやればええじゃないかと。ドライアイが心配ならその道の権威でレーシック手術も実施している慶応の坪田教授(眼鏡)にでも頼めばいいんじゃないかと誰もが思ってるはず。なのに誰ももう指摘しないこの業界。もうやだ。

手術をした医師と術後一度もあっていない

合わせないようにしてるのか。合わないようにしてるのか不明。

somei2012.hatenablog.com

院長クラスでも数年で変わる

俺を診察していた院長はもうおりません。(震え声)

他の院の院長もこの3年で変わりました。なんだろうね。なんなんでしょうね。

somei2012.hatenablog.com

俺以外にも過去同じように吐き気や頭痛を訴えた患者がいたと2年後に言う

手術3日めには訴えてそのときからずっと「そんな症状分からない・知らない」の返答だったのですが、2年経過あたりでそんなこと言われました。

言っちまったから飛ばされたのか、マネジメント契約期間が終わるからもう言ってしまえだったのかは不明です。何があった。というか分かってたならリスク説明でしろよ…かけらも身体に影響を与えること書いてねぇよ…

後遺症のことをブログに書いてたら弁護士を使ってブログ削除と個人情報開示請求の要求

ソースは俺。

当ブログがその例です。品川近視クリニックを運営する翔友会から当ブログが名誉毀損があーだこーだってさあ、人に後遺症を打ち込んでおいで名誉もクソもねえだろうが…

somei2012.hatenablog.com

somei2012.hatenablog.com

誰が好き好んで裁判沙汰になるリスクをこうやって書き続けるかよ…。未だに眼は痛くて吐き気を催してるのに感謝できるやつがいたらそれはもう脳みそぶっ壊れてる。

以上。

俺のこのもう取り返しの付かない体験が誰かのためになれば幸いです。

追記

2015年10月

somei2012.hatenablog.com

現在の品川近視クリニック名古屋院、院長の診察見解です。まとめてしまえば品川近視クリニックでやれることはない。という回答でした。

追記 2018年6月 術後2300日経過

somei2012.hatenablog.com

レーシック術後なんだかんだで2300日を超えました。

未だに手術前のアホみたいにクソ元気だった頃とは程遠い状況です。初期からの経過をある程度まとめておいたものを貼っときます。それでもやりたい人はやればいい。後遺症側になることは少数派なのかもしれないけどさ。

後遺症側になったら医者もクリニックもなんも治療できないし、助けようともしないよ。口で助けたいなんて誰でも言える。結果としてレーシック前後でQOLがストップ安で下がっていたら全部詭弁。手術を受けた意味なんて何もない。いいから救ってくれよクソ眼科医。訴訟リスクを抱えてこんな惨めな内容をいつまでも書き続けてるわけねえだろうが。