よめたん

レーシックの後遺症治しつつ嫁を迎えるまで淡々と過ごすさあ…

名古屋アイクリニックに行ってみました

無駄かなと思いつつ。結論から言えば無駄だったのですが。

代表の中村医師は少なくとも自分の現状を知っているにもかかわらずレーシックは安全というスタンスを貫いている。条件としてサイプレジンを使えばとか、安全安心ネットワークの施設ならとか上げてるにしてもリカバリーのできていないレーシック後の後遺症満載の患者を実際に診察しておきながらそういう立ち位置を維持してるってのはどうなんだろうな。

手術前の患者が「後遺症に苦しんで患者はいるのですか?」「予測できない訴えのある患者としてどういう症状が過去にいたのですか?」など質問したら医師はどのように答え、またスタッフにはどう回答するように指導しているのだろう。これでそんな事例はよく知りませんじゃ嘘ついてるわけですし。品川近視のスタッフは知りませんとか抜かしやがりましたが。

ここで手術したわけじゃないけど後遺症側の患者からみたら現状を知っておきながら火消しに回ってる医者に感じてしまう。ホームページを見ると尚更。安全と認識させるようなお知らせの多さからか。中国株がバブル崩壊してるなか安全だよ!って売りつける証券マンに相対したときの皮膚感覚というか。なんだろうな。病んでますかねあたしゃ。被害妄想ですかね。