よめたん

嫁を迎えるまで淡々と

次の斜視手術でも治りゃせんだろうな

東芝のあがきを見てると天下り役員を受け入れて献金してる企業は無敵だな…ともろに感じる染井ですこんばんは。

そもそも決算延期よりも粉飾しておいてなんでまだ上場維持できてるんですかねと思うんですが。タカタ、スカイマーク、JALは潰しても東芝だけは潰さん…!仮にそうなってももっと時間をかける…!!という大人の黒い意思とご都合でルールねじまげの姿が子供の教育にすこぶる悪い。子供いないけど。(落ち

再度の斜視手術日的が決まる

そういえば報告してませんでしたが斜視手術の再度の日程は一応決まり年内ギリギリになりました。単純に予約を抑えても半年かかるようで今回もこのようになりました。わーお、そこまで耐えれるかなぁ俺。と日程を聞いて即思ったのは言うまでもない。

調整料

プリズムを使用しての感覚ですと外斜15だとギリギリアウトなので手術するにしても微調整レベルになるとのこと。正直いえばこの程度の調整だと難しいのだそうです。まあわからんでもない。初回で30プリズム分は調整だったそうなので三分の一程度の調整となるとねえ。

戻りは少ないだろうって説明だが…

初回手術のとき大人なら筋肉群が子供よりも完成しているので戻りもそこまではないだろうって説明でした。

が、結局1っヶ月以内に戻る戻るすげー戻ると半分くらい戻ってきたのでレーシック手術で後遺症地獄してるからその影響もあった?だからこんなことになってるんじゃねえの?と毎日答えのない症状に自問自答。考えるな感じろって境地というか感じてそれというか。物理的に左右眼で違う角度で見ている二重視界になっていると嫌でも反射行動で考えてしまう。レーシック前には感じてなかった症状なのだから。

ついでに吐き気も出るし。ついでというかメインの辛い症状か。

医者を信じるしかない

でもまあ斜視手術以降はレーシック以降の生きる気力を奪う吐き気は緩和されてるのはわかるのでもう期待するしかない。それしかできないだけともいうか。

本当は眼科業界側でデータがありゃいいんだけどレーシックを推進してきて慶応も京都府立も北里も知らねえ!おら知らねえ!!と無能の極みなので我が身でまた博打をするしかないという現実に怒りが自然と湧いてくる。意地でも症状データ与えたくねえけど教授つながりでデータ求められたら渡さないわけにはいけないし無理なんだろうなあ。あーほんとただのモルモットだわ。

そろそろ吐き気も例の如くなんでこのへんで。皆様眼球の動きが正常な良き人生を。