嫁を迎えるまで淡々と

築37年の中古戸建てを購入した独身アラフォー備忘録

楽天モバイル、6月で0円プラン終了につき破産


楽天モバイルが7月からの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を発表。

モバイル事業の大赤字から関連サービスの改悪が続く楽天、ついにモバイル事業にもメスが入りました。

大きな変更点としてデータ使用が月に1GB未満であれば費用0円で回線を維持できたのが廃止、改定以降は税込み1,078円が最低料金プランに。

その他の変更点として楽天SPUの倍率は上がるようです。

でも倍率も後から自由に楽天は変更できますから、無料で電話回線を維持できなくなるデメリットのほうが私には大きそうです。

ということで楽天モバイルは次のMNP弾として使い近いうちに解約することになるかと思われます。

今までありがとう楽天、事業リスクを背負って挑戦してくれてありがとうミキティ。

せめて回線が安定してれば固定回線と一本化も考えた事もあったけどプラチナバンドを貰えないうちはやっぱり厳しかったよ。

新旧プラン比較

整理のために新旧のプランを比較。

※税込み表示

通信量 旧:UN-LIMIT VI 新:UN-LIMIT VII
0~1GB 0円 1,078円
1GB ~3GB 1,078円 1,078円
3~20GB 2,178円 2,128円
20GB以上 3,278円 3,278円

新プランの適応は7月1日から。

しかも現在の契約者も強制的に新プランへ強制的に移行とのこと。強制解約ではなく移行。ココ大事。

バラマキ期間が終わったら少しでもユーザーから回収したいですもんね。しょうがないね。

いつだって怠け者は食い物にされる。弱肉強食ぅ。

新プラン日程

新プラン移行日程は下記

  • 7月~8月:1GB以下の利用であれば旧プランの料金体制で利用可能。
  • 9~10月:1GB以下の利用であれば1,078ポイントが還元され実質無料に。
  • 11月:全ユーザー新プランに完全移行

気になる点として、9~10月の実質ポイント還元期間中に解約したとしてもその月の還元ポイントがほんとに貰えるのかは現時点では不明。もしかしたら解約月分は貰えないかもしれない?

解約目線で整理しておくと

無料運用のまま解約や他社へMNPするつもりならば、2022年8月31日までに。

ポイント還元が貰えるのが不明ながらもまだ先延ばしするならば10月31日までに。

こんなところのようです。

おそらく他社がキャンペーンを仕掛けてくるでしょうからしばらくはウォッチしておきます。

MNP移行候補

現時点では「povo2.0」が候補です。

低回線だと表示が重い…

理由はこちらも基本料金ゼロでの運用が可能。6ヶ月間トッピングを一度もしないと解約の可能性があるとのことですが、データ使用量1日使い放題330円(税込み)を半年に1回でも契約すれば現時点では契約上の問題はないとのことです。

つまり1日2円、月額60円みたいなもんですか。それぐらいならば私でも払えます。(血涙)

あとはMNPで携帯端末も安く手に入れば万々歳なものの、HPを見るとpovoでは端末売ってないようで。

あら残念。au店舗と連携して楽天既存客を奪ってもいいのよ?

ただpovoの懐具合次第ではこちらも変更が後日あるかもしれません。

企業がほしいのは客であって乞食じゃないから、格安費用を求めて利用するユーザーは追い出されてもしょうがない。

でも渡り鳥のように移動する猶予があれば文句は言いませぬので何卒ー。何卒ー。