嫁を迎えるまで淡々と

築37年の中古戸建てを購入した独身アラフォー備忘録

家のブロック塀に当て逃げ?警察へ通報と保険会社に連絡し…嗚呼!面倒くさいいいいい!

仕事を終えて帰宅すると我が家とお隣さんの境界にあるブロック塀が割れていました。


( ゚д゚) はっ?



( ゚д゚) …はっ?


破損状況がもはや当て逃げって表現で良いのだろうかって壊れた方をしています。盛大にコンクリが割れています。ドラクエの主人公ですら人の家のツボやタルを当然のように割っても家の塀までは壊すことはしないのに。

い、いらねえ…こんな人生経験値なんていらねえ…はあああああ(クソデカため息)

以下、発見当日の様子並びに警察&保険会社へ連絡した際の対応記録です。

状況整理

画像を見たほうがてっとり早そうですので画像を置いておきます。

f:id:somei2012:20201111203911j:plain

破損箇所:高さ50センチほどのお隣との境界線にあるブロック塀
被害状況:道路側からから30~40センチ程の位置でパックリ基礎から真っ二つ。

築年数37年の境界線ブロックということもあり劣化は進んでいたのかもしれませんが、ブロック塀ってこんなふうに割れるんだなって…割れ方をしておりました。

いや、割れたっていうのかなぁこれ…

警察の検証

お隣さんも帰宅していたので念の為「車を当てました?」と確認をすると「こんなことになってるのをそもそも気づかなかった」とのこと。まじかよ。

でしたら当て逃げということで警察に処理しましょうと通報することに。

以下、警察への電話と到着した警察官の対応。

  • 110番通報をして通報。事件ですか?と冒頭で言っていた気がする。振り返ると市内の警察署に連絡でよかった?
  • 1時間以内に警察官到着。現場の写真を取りながら気づいたときの時間や状況を確認される
  • 保険会社には警察には連絡済みと言っておいて下さいと。
  • 「犯人見つかると思います?」って質問には「いやー現行犯じゃないと厳しいですね」と。

警察官はお隣さんの車も確認して帰られました。見たところ車に傷はなし。ただ、本日は庭師が出入りしていたという情報あり。先に言いましょうかそういうこと…

で、よく見ると塀に擦過痕が残っています。後日、警察がその業者と連絡と取って確認をしてみますとのこと。

お隣さんの証言

お隣さんの証言等のまとめ

  • 家主のお婆さん。体調崩してここしばらく家におらず。
  • 娘さん。仕事で日中は家におらず。帰宅したのは18時頃。
  • お隣さんの車を確認するも傷跡は見つからず。
  • 15時頃に庭師業者がお隣さん宅の駐車場を利用している

( ゚д゚) …業者しかいなくね?

仮にぶつけていたのがその業者だとしても家主に連絡がなかった時点でバックレの線が濃厚。気づいていたなら何かしら書き置きや会社に連絡を入れるほうが自然。弁償してくれるならそれで済む話だけど、現行犯じゃない時点でいくらでも誤魔化しようがある。

ので、警察さんの調査待ち。

車と傷が一致するなら弁償してもらうで解決なのだけど、修理しようにも鉄筋位置からパックリ割れてるので治せる類じゃない気がするんだよなあ…

保険会社

警察に連絡後は保険会社へ連絡しました。お隣に業者が出入りしてようが知ったことか。ホウ・レン・ソウを守らん社会人など社会人じゃねえ。オラ知らねえ。

そもそもこれは保険で保証いけるの?というか私が請求するの?お隣の土地を利用した関係者がやった可能性があるならそっちじゃねえの?でも崩壊したのはうちの土地に侵入してるわけで?そもそも仮に当て逃げした人が保証すると言ったらどうなるの?わっかんねえ!面倒くせええなあ!!かああああ!

などとフラストレーションを抱えながら地震・火災保険会社へ連絡してみました。

結果。

「保険対象です」とのこと。

( ゚д゚) よっしゃあ!?

ええと、どうなんでしょうねこれ。警察は被害状況から自然崩落ではなく当て逃げで調査を進めると言ってくれてますが、そのまま申請して良いのでしょうか。見積書すらできてないけども仮に保険会社から保障金が出ても免責で自分がいくらか払うんですよね?ああああああ、とってもふらすとれえええしょおおおおん!!

ちなみに保険会社から求められたのは隣家との堺が分かる境界杭、破損状況の複数枚の写真、補修見積もりでした。お世話になっている左官屋さんに早速請求しています。

まとめ

  • 証言とても大事。ダメ元で周辺に聞き込みをしましょう。
  • 警察へ連絡大事。保険会社にも連絡したかを聞かれます。
  • 保険会社へ連絡大事。当て逃げかわからなくてもスピード要求大事。

以上、進展がありましたら後日追記しておきます。

はああああああ面倒おおおおおおおおお。