よめたん

嫁を迎えるまで淡々と

魔法をかけて

エボラが日本にも来るの?来ちゃうの?と国内を騒がせておりますが今回はひとまず陰性ということで人間我が身に死ぬ要因が振りかかるとあれだけ必死になるのだなぁ…な染井です。ええ、レーシック施術系眼科医が俺を治せなかったらエボラで死ぬ魔法をかけられたら必死に治すのだろうなぁ…なんてファンタジーな世界に没入しつつ仕事をこなしておりました。ええ、無意味です。たまには俺だって現実逃避するんです。

ちょいと前に上司と今後の進退については役員交えて話し合いをしたのはお伝えしたかと思いますが、色々とオープンネットワーク上に書き残すには憚るやりとりなためその後の経過についてすげー割愛してご報告しますと

( ゚Д゚) ケツ持つから存分に暴れてこい

ということになりました。お?道具か?道具必要かわれぇ!!な話し合いではないので誤解なきよう悪しからず。まあねえ。そりゃ目の前で片目斜視になりつつチック症のように顔痙攣させて説明されたら勝手やりい…と我ながら思う。

コメント返信

> もうすぐ手術から1000日ですね…

言われてみればそうである。

> ぐずついた最近の天気を越えるとグッと寒くなるそうですが(スポーツ用品店のおじさん曰く)、染井さんの眼の調子は気候の変化に影響はあるのでしょうか?早く春が来るようにお祈り致します。

あまり天候や気圧差によるもので痛みの増減は感じません。乾燥には弱くなったとは思いますが、それだと眼の表面痛やゴロゴロが出てくるだけで常時出てる眼の奥や眼筋の痛みが増えるわけじゃないので。