よめたん

嫁を迎えるまで淡々と

最近の水筒を調べたら軽さにビビった

はいはい眼が痛い眼内が痛い。いつまで続くのかこの痛み。

その後のTIMBUK2リュック

購入の経緯は下記

somei2012.hatenablog.com

購入して2週間くらいのTIMBUK2のショウダウンラップトップ。

やっぱ胸のチェストストラップがあると重量分散して背負うのも楽でいいわーと仕事で重宝しています。でもポケット部分に入れるものはこれでいいのだろうか…?とあれこれ試行錯誤中。特に水筒。中に仕舞ったり、外につけたり、行ったり来たり。

f:id:somei2012:20161026200949j:plain

水筒がでかいんだな。バックに入れるしか無いか。洗いやすくてスリムタイプでないのを買ったのがこんなところで仇になろうとは。まあ購入したのが5年以上前なんですが。

水筒が重いので別サイズを検討中

今の水筒も別にバックに入れづらい以外に使っていて不満点は…ああ、まあ、ないこともないんですが今回はそれは置いときます。

まだ使えるので購入はまだ先になると思いますが、パッキンって10年ぐらい持ちませんかね?すでに5年くらいは使ってるけどまだまだいけるのかな。

近代の水筒って何が進化してるのだろう

製造技術の発展で年々容器重量が軽量になるってすげえことやってると思うのですけど、素材が変わったとか、断熱方法が変わったとか、技術革新なイベントはあったのですかねこの業界。サッシ・窓ガラス業界だと普及していたシングルガラスから複層ガラスになっただけでなく空気抵抗率がさらに高いガスを入れたりしてるとか聞きますが水筒市場とサイズだとそこまでしないだろうし。